才能に対する嫉妬:「不毛地帯」、「バガボンド」、「魔界転生」

「不毛地帯」を読んでいて、里井副社長の壱岐に対する嫉妬は、いい意味で生臭く、里井副社長のキャラクターをより生き生きとさせています。

このように才能や能力に対して嫉妬するのは、男性のほうが多いのでしょうか?
最近マンガ喫茶で読んでいる「バガボンド」でも、才能に対する嫉妬は私にとって興味深い点です。というのも、私の宮本武蔵に対するイメージは、怨念のかたまりのような、「魔界転生」での武蔵だからです。

「バガボンド」はまだ読み始めたばかりですが、宝蔵院胤舜が出てきて大興奮です。「胤舜も魔界転生して一緒に悪者になるんだよなぁ・・・」と、勝手に話をくっつけて楽しんでいます(まちがっているか・・・)。

話がそれましたが、才能に対する嫉妬は私自身はあまり覚えがありません。
他人の、ある立場(地位ではなく)や、境遇を妬ましく、うらやましく思うことは、恥ずかしながら多々あるのですが、才能や能力については、ただ「すごいなぁ」とすぐ降参して、ただ驚くばかりです。
これは私個人の性質なのか、性差によるのかはわかりませんが、私が読んだ小説や世の中で見てきた範囲では、もしかしたら性差によるものなのでは・・・と推測しています。

そして、この観点で物事を観察していると、「不毛地帯」とまではいかなくても、日常生活はそれなりにどろどろとドラマチックなものだったりもします。
いいか悪いかは別として、なかなか観察しがいがあるのです。
[PR]

by takibi-library | 2007-04-24 20:54 | いつも読書 | Comments(4)  

Commented by L子 at 2007-04-26 01:31 x
バガボンド、私も宝蔵院胤舜が出てくるところは好きです。これを読む以前は、胤舜と言えば自動的に“槍の達人のデカイおじさん”を勝手にイメージしていたので、“青年・胤舜”にちょっと目からウロコだったのでした。
Commented by takibi-library at 2007-04-28 00:36
>“槍の達人のデカイおじさん”

そうそう!当たり前だけど、胤舜にも若いときはあったんだよね(笑)。
若くて、見目のよい胤舜は気分のいい驚きです。
Commented by taji at 2007-05-14 15:17 x
田中角栄がいっていましたよ
「オトコの嫉妬はおんなのそれなんかより陰険だしおおきい」と
お久しぶりでした。
Commented by takibi-library at 2007-05-14 21:53
ども、お久しぶりです。
tajiさんも、オトコの嫉妬にご注意を(笑)。

<< 復旧。 マリちゃんじゃありません。 >>