「花の生涯(下)」:直弼にもわからないのか!

たか女の本心がなかなかつかめない私ですが、なんと、直弼にもたか女はなぞのようです。
直弼にも、たか女の性根が、つかめない。
「たか女の秘密は、隅々まで知っている」と自負する直弼にとっても、たか女は測りがたい存在なのです。

でも、"読み手"としてはあんまりわからなすぎると引いちゃうんですよね。

花の生涯 下 新装版 (3)
舟橋 聖一 / / 祥伝社
[PR]

by takibi-library | 2007-05-09 22:28 | いつも読書 | Comments(0)  

<< キャンプだ、ほい! オーケストラの演奏を聴きました。 >>