「おしゃべりなごちそう」:むつかしく考えない。

堀井和子さんがおもてなしについて語る本です。語ると言っても、マーマレードおばさんというおばさんを介して、ちょっとしたアドバイスをしてくれる感じです。

このところ、うちでの料理をどうしたものかと考えているので、読み返してみましたが、結論としては、やっぱりがんばり過ぎないことが大事みたいです。
堀井さんは海外生活も経験されているせいか、やっぱり洋風メニューが多めです。そのせいか自分が作るものとしての親近感がいまいち湧きません。でも、それは堀井さんにとって身近な料理なのでしょう。

親近感がない分、憧れが強いです。
テーブルクロスとか、チーズとか、ハーブとか。


おしゃべりなごちそう
堀井 和子 / / ベストセラーズ
ISBN : 4584159505
[PR]

by takibi-library | 2007-06-18 23:50 | いつも読書 | Comments(0)  

<< ちっちゃいおうちごはん 日曜日の図書館 >>