「スパイを捕えろ」:みんなスパイが好き?

book pickの商品解説を書くために、持ち帰っている本です。
いろいろな作者によるスパイ小説が集められています。その世界(?)では有名なスパイが何人も出てくるようです。
今のところ私が知っているのはアシェンデンだけなのですが・・・その昔に「アシェンデン」を読んだのですが、内容は全く覚えていないのですが・・・それでも、スパイという言葉の響きにはドキドキワクワクします。

ときどき自分がスパイ(何の?)だったらと考えたりします。
あまり動きがなく(見つからなく)て、報告書が3行で終わってしまって、途方に暮れるとか、実は(例えば職場の人とか)身近に逆スパイがいるとか、ひとりでふざけて遊べます。

まだ2つしか読んでいないので、これからどんなスパイが出てくるのか楽しみ。


スパイを捕えろ―わが愛するスパイ小説 (1981年)
北村 太郎 / / 荒地出版社
ISBN : B000J80OAO
スコア選択:
[PR]

by takibi-library | 2007-06-27 23:07 | いつも読書 | Comments(5)  

Commented by K at 2007-06-28 22:05 x
友人Kです。

スパイ小説はあんまり読んだこと無いんです。
フリーマントルとか読んでみたいんですが。

で、これは知らないと思いますが、、スパイ小説?

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%AE%9A%E5%90%89%E4%B8%83%E7%95%AA
Commented by takibi-library at 2007-06-29 00:15
これ、すごいよ!すごい読みたい。
タイトルが007のパロディだね。Kは読んだことがあるの?
Commented by K at 2007-06-29 08:11 x
Kです。

読んだことあります。
「定吉七番」の「ゴールドうぃろう」までだったかな。
実家にはあるはず。
今は絶版なんで、電子ブックで読むか「図書館」
ですね。
Commented by saheizi-inokori at 2007-06-29 12:27
ル・カレとかフリーマントルなんていいですね。ワクワクします。
Commented by takibi-library at 2007-06-29 22:31
K>>
今日、図書館にありったけ(って2冊しかなかった)予約を入れました。予約待ち0だったから、まもなく最寄の図書館に届くと思う。

saheiziさん>>
スパイと聞くとワクワクするのはどうしてなんでしょうね。
この本、おもしろいですよ。

<< ミュージカル「レ・ミゼラブル」... 似ている人がいるということ >>