「定吉七は丁稚の番号」:ウケるぅ~。

定吉七番シリーズの1作目を図書館で借りて読んでいます。

いい意味でくだらないことをがっちり作りこんでいるのがいいです。
上のリンク先のあらすじを読むとわかるのですが、設定だけでじゅうぶん笑えるのですが、登場人物たちはいたって真面目に使命感をもって動いているだけに、社員食堂で読むのはちょっと辛いです・・・。

でも、私にとっては一つだけ難点が・・・定吉たちは船場言葉を使うんです。その辺の醍醐味が私には理解ができないこと、言葉遣いをきっちり追おうとするとすらすら読めないときがあることです。
船場言葉を使っている面白みがわかる人にとっては、もう一段おもしろさUPかと思うと、ちょっとくやしいですが、それを割り引いてもじゅうぶんはまれるます。

私の住んでいるところの図書館には、今読んでいるのともう1冊しかないので、どうにか読む機会を作りたいです。
[PR]

by takibi-library | 2007-07-03 00:09 | いつも読書 | Comments(0)  

<< 行ってみたいところ。 フランス料理のレシピ本を読んでみた。 >>