時間を忘れる。

週4日勤めている職場では、各自が好きな時に1時間の昼休みを取ります。出るときと戻るときにタイムカードを押し、遅れると15分単位で「昼休み延長」がカウントされてしまうので、要注意です。

2、3人のチームでずっと一緒に働いているので、昼休みは基本的にバラバラに取っています。そうしようと決めたのではありませんが、しっかり残業して稼ぎたい人は、お昼を遅めに取りたいし、ひとりのほうがお互いに気兼ねなく好きなことをしてすごせて気分転換になります。

私はたいてい、前半の30分で食事と歯みがきをすませて、後半30分はまるまる読書に費やします。でも、この時間がたっぷり取れることがあんがい危険なようです。
ふと気がつくとひどく熱中して読んでいて、はっと我に返って、思わずがばっと立ち上がってしまったりします。今のところ遅刻をしたことはありませんが、今日も冷や汗をかきました。実際はまだ10分残っていたので、ホッとしました。

これからは携帯電話のアラームをつけておかないと・・・。



職場にはリフレッシュスペースがあります。そこはちょっと照明を落としてあって、1席ごとに仕切りがあるぼんやりブース(勝手に命名)、靴脱ぎコーナーにはラグとリクライニングチェアが設置されています。

一度、リクライニングチェアで昼寝をしてみようと思っているのですが、いつも気がつくと本を読んでしまっていて、チャンスを逃してしまいます。
[PR]

by takibi-library | 2007-07-05 21:52 | いつも読書 | Comments(0)  

<< キャンプの次はクラブです。 「嵐山吉兆 夏の食卓」:料理の... >>