ナツカシ本。

最近、定期的に図書館へ行っています。
現在は絶版になっている、人からすすめられた本、昔読んだ本を借りています。あと、そのとき気になった料理の本も。

今回借りたのは、氷室冴子さんの「シンデレラ迷宮」と、その続編の「シンデレラミステリー」です。私が中学に入ったくらいに読みました。
それまで児童書しか読んでいなかったのですが、中学で知り合った友達から借りて読んで、その後自分でも買いました。いわゆる少女小説です。

今もコバルト文庫ってあるんでしょうか。当時は氷室冴子さんと新井素子さんが私たちの間では二大巨頭(?)でしたが・・・。
新井素子さんのほうは今も持っているという友達から、「星へ行く船」シリーズをずいぶん長く借りっぱなしにしていて(ごめんよ)、今読むとかなり痛いというか、読むと気恥ずかしさのほうが強くて、時間の経過を思い知らされました。

さて、氷室冴子さんの方はどうでしょう。
[PR]

by takibi-library | 2007-07-13 22:56 | いつも読書 | Comments(0)  

<< 「鴛鴦の間」:くだらないけどお... 気になる言葉遣い >>