暮しの手帖29号に載っている阿久悠さんの言葉。

先日、作詞家の阿久悠さんがお亡くなりになりました。驚きました。
なぜなら、気まぐれで買った「暮しの手帖29号」に阿久さんの書き下ろしの文章が載っていたからです。そんな様態だったのかと驚くと同時に、そこに記された言葉をしっかり心に留め置こうと思ったので、書いておきます。

読んで「こんなふうに生きていこう」と思いました。



日本人らしい人8 「凛とした女の子におなりなさい」 阿久悠

女の子だからといって
ヨワヨワしていたり
メソメソしていたり
何かというと他人を頼りにして
愛しいと思われてみたり
そんな子である必要はないのですよ
助けてやりたいとか
庇ってやりたいとか
守ってやりたいとか
男にとってはいい気分だろうけど
そんなもの 美徳でも
魅力でもありゃしない
いいかい 女の子だって
強くってもいいんだよ
粗雑であったり
乱暴であったり
不行儀が平気は困るけど
ちょっとした挨拶の誠意と
心地よい微笑の会釈と
問われた時にハイと答える
善意さえ感じさせれば
強くっていい
男は自分が弱い者だから
縋りつく子を抱きしめるが
そんなのは三日だけの愛しさ
あとは ただの重荷になる
傷つけないようにハッキリと言い
侮辱を感じさせない態度をしたら
あとは 自由に生きなさい
強く生きなさい
自由で強くてやさしい子を
凛としていると言います
凛とした女の子になりなさい
凛とした・・・・・・
近頃いないのです


ぼくはもともと強い女の子を書いていたから、大股で闊歩する子を悪く思わない。大股スタスタ結構だ。しかし、要望やスタイルや態度と同様に、心が魅力的かというと、ただの不行儀のことが多い。 (阿久悠)
[PR]

by takibi-library | 2007-08-04 11:46 | いつも読書 | Comments(2)  

Commented by saheizi-inokori at 2007-08-05 09:59
今となっては遺言ですかね。若い人たちに優しい眼差しを注いでいたのですね。
Commented by takibi-library at 2007-08-05 16:49
そうですね。この文章は私よりももっと若い人にも読んでほしいです。

<< 「こんな生活」:生活をそれとな... 本棚がいっぱいです。 >>