久しぶりに読みたいかも。

ロンドンへ出張した友達が、ロイズ保険の社内ツアーに行ったとのこと。

ロイズ保険!!

彼のブログにコメントを入れようと思ったのですが、他のコメントがあまりにも「違う!」ので、自分のところへ書きます。

平賀・キートン・太一はいませんでしたか?(オフィスにいる人じゃないことはわかってるけど。)

ロイズ保険といったら、彼でしょう。そう、「MASTERキートン」の主人公、ロイズ保険のオプ(調査員)で考古学者、そしてSASのサバイバル教官という経歴も・・・このまんがはおもしろかったなぁ。全巻揃っているのを売ってしまったことをいちばん悔やんでいる作品です。

というのも、ふつうサイズのコミックは増刷が止まって久しいから、大人買いしようにも難しいのです。以前、古書店で見たときは全巻セットで定価の2倍くらいの値がついていました。

しかし、ちょっと調べてみたら、今NHKのBSでアニメやってるじゃないですか! もう半分以上終わっちゃったみたいだけど、さっそく次の土曜日から見なくては。
[PR]

by takibi-library | 2007-09-27 07:34 | いつも読書 | Comments(2)  

Commented by bara_aya at 2007-09-27 22:31
大分前にざっと読んだだけだったので保険外社名までは憶えてなかったのですが、
外資系の保険会社を見るたびにキートンのことを思い浮かべていました。
弟の部屋に全巻あったと思うので、実家に戻ったら読み返そうと思います!
Commented by takibi-library at 2007-09-28 07:52
実家にあるとのこと。うらやましいです。
この作品では、外国の俳優や歌手をモデルにしてキャラクターを書いている場合がよくあって、それもちょっとした楽しみでした。

<< 「寝ぼけ署長」:山本周五郎の探偵もの 映画「めがね」を観ました。 >>