山田詠美「天国の右の手」

山田詠美さんの短篇集「4U ヨンユー」に収録されている作品です。
自負とか、自尊心とか、自信とか、正直区別がついていませんが、そういった、自分がそこそこいけてるのか、まったくダメなのか、もやもやしたときにこれを読みます。

私は今まで不幸せだったり、不当に報われなかったりしたことがありません。そういう時間が長かった分、心のどこかで、自分がそんな目に合うとは思っていないのだと思います。そんな不遜な気持ちが何かの拍子でふくらんで暴れだすときがあります。その気持ちは凶暴で、自分ではコントロールできません。

「天国の右の手」は、思い通りにならない自分自身の身体的条件と、それを飲み込むほどの自己愛を描いた話で、ちょっと不健全なやり方ですが、私はこれを読むと、自分が今の状態でも「自分」としては完全であると思えるし、不遜な気持ちも元のあるべき小さい箱の中に戻っていくのです。

こんなふうに"使う"小説は、私には他にはありません。
今のところ効き目は薄れていませんが、あまり使いすぎないように、使わないですむように暮らしていきたいです。

4U(ヨンユー) (幻冬舎文庫)
山田 詠美 / / 幻冬舎
ISBN : 4344400186
[PR]

by takibi-library | 2007-10-12 23:26 | いつも読書 | Comments(0)  

<< 自分を踏み破る。 朝はパン?ごはん? >>