古書に親しむ週末。

今週末のbook pick orchestraの活動は、1泊2日の益子・スターネット訪問でした。
私はあいにく土曜日に先約があったので、不参加。またもや益子行きの機会を逃したのでした。

しかし、意識してではないのですが、この週末は自ら古書に親しみました。
何となく行ってみたり、人に会うためだったり、たまたま遭遇したりでしたが、思いのほか収穫もあって、ホクホクです。

今のところ、私が古書店に足を運ぶ理由は、これといってありません。
絶版になっている本で手に入れたいものがあるわけでもないし、転売利益を上げたいわけでもありません。

この2、3日に購入した古書についての動機は次のとおり。

①ヨガ教室へ行く途中にある古書店で、かねてから読みたいと思っていて、何となく買わなかった本で、古書にしてはかなり状態のいい本が見つかった。新刊書の半額でほぼ新品を入手。

②友人Mさんの陣中見舞いに、祭り開催中の神保町の古書店へ。読みたかったもので絶版になっている文庫を見つけたので、ご祝儀も兼ねて?購入。

③本を借りに図書館へ行ったところ、図書館のある区民センターの敷地でバザーが開催されていた。古書販売のコーナーでは、まもなく撤収ということもあり、文庫本が1冊10円で叩き売り!読んだことがあって、状態のいいものを文庫本葉書用に購入。

やっぱり、あんまり積極的ではありません。
新刊書店では長い時間過ごせるのですが、古書店ではあまり長居できません。ひととおり眺めて、そそくさと出てきてしまうことのほうが多いです。

でも、進歩。何といっても、ひとりで古書店へ行くようになったのですから!
[PR]

by takibi-library | 2007-10-28 16:27 | いつも読書 | Comments(0)  

<< 圧力なべをはじめて使いました。 「バスカヴィル家の犬」:ワトス... >>