夜のはじまりに図書館。明日はきっといい朝。

仕事帰り、図書館に寄りました。いつも仕事のない日の昼間から夕方に行っていたのですが、早く読みたい本が届いていたので。

もう5時半でもとっぷりと日が暮れていて、ちょっと空気も冷えてきていて、心なしか早足になります。とっとっとと、リズムよく歩くと、体が温まってきて、気持ちがいいです。
図書館のそばに来ると、明かりがうれしいです。いかにも温かそうで、やすらかな雰囲気。

ちょっと雑誌を読んでから、目当ての本を受け取ったところで、また雑誌のコーナーに戻ろうか・・・。しかし空腹には勝てず、家路につきました。

今夜はひとりご飯なので、あんかけ焼きそば。しっかりとろみをつけて、あつあつに仕上げました。いつもとろみをつけきれず、麺にかけたときにがっくし!ということが多いのですが、今日は上手にできました。

こころに小さな穴が開いてしまったときは、きちんとこなすことが効くみたいです。
先送りしないで、図書館へ行くこと。
ていねいに焼きそばを作ること。
昨日から買おうと決めていた、焼芋きんつばをいれたてのほうじ茶と味わうこと。

あとはゆっくりお風呂に入って、早めに眠れば、明日はきっといい朝。




ところで、今日、図書館へ行って思ったこと。

「じつは、わたくしこういうものです」に出てくる、冬眠図書館のイメージがぐっとふくらみました。
夜、しんと冷えた空気、明かりの温かさ・・・そこにはシチューとパン。あぁ、これだ、これっ!

じつは、わたくしこういうものです
クラフト・エヴィング商會 / 平凡社
[PR]

by takibi-library | 2007-11-21 21:42 | 図書室たき火 実践編 | Comments(2)  

Commented by A at 2007-11-22 01:23 x
毎日ちゃんと読んでるよ。 頑張れよ~~ ^^
Commented by takibi-library at 2007-11-22 23:40
A、昨日のこころの穴は、ちっちゃいもんです。へいき、へいき。
でも、ありがとね。

<< 「シャーロック・ホームズの回想」読了 食べてみたいなぁと思った。:焼... >>