酉の市→ねぎま鍋

今日は、友だちのK夫妻、Lさんと一緒に酉の市へ行って、その足でねぎま鍋を食べました。

浅草の鷲神社へ行くのはじめて。休日のおとりさま。いやはや、もみくちゃでした(笑)。
けれども、あちこちのお店から手締めが聞こえるのは楽しいですし、きらびやかな熊手がひしめく様子は、「一度は見ておきたい」光景です。
あまりの人手で、あれよあれよというまに人並みに飲まれて進むので、じっくり見て選ぶ余裕などなく、自分の熊手を買うことはできませんでした。でも、おもしろかったです。

西日に照らされながら、国際通り(だったかな?)をてくてく歩いて、ねぎま鍋のお店へ。
こちらは、かのショージくんも来たところ。縄のれんをくぐると、礼儀正しい若人と、なぜか白人の店員さんが、作務衣を着て働いていました。

4人で行ったからか、2階の4畳半の部屋に案内されました。なんだか、人のうちみたいなくつろぎ空間。でも、窓からはしっかりすきま風(笑)。ガスヒーターがうれしいです。

はじめて食べるねぎま鍋は、意外といろんな野菜が入っていました。てっきり「ねぎ、まぐろ、以上!」かと思っていたのですが、白菜、しいたけ、えのき、水菜、豆腐と、鍋もののレギュラーメンバーが揃っていました。
ちょっと驚いたのは、味の濃さ。しょうゆもしっかり、甘みもしっかり。たしかに、まぐろの脂が強いので、濃い目の味でないと気持ち悪いかもしれませんが、見た目の黒さはなかなかビックリです。
しめには稲庭うどんを卵とじで。うどんもすぐに真っ茶色。

楽しいおしゃべりと、温かい鍋。K夫妻からの北海道みやげと、実家から持って帰ってきてくれた「定吉七番」シリーズ!!

ホクホク気分の帰り道。でも、まだ6時!夜になってお腹がすきそう、のどが渇きそう。
心配なので、家に着いてからとりあえずリンゴを食べました。

さ、今日は早めに寝よう。
[PR]

by takibi-library | 2007-11-23 21:00 | くらし | Comments(2)  

Commented by K at 2007-11-26 11:35 x
友人Kです。土曜日はお疲れでした。

ほぼ毎年酉の市には行っていますが、あんなに人出があったのは初めてだったかもしれません。でも、あの人出だったからこそ手締めが見られたのかも。

ねぎま鍋、がっつりとついた醤油味にはビックリでしたが、味はなかなかでしたね。ちょくちょく食べに行きたいとは思わないけど、シーズンに1回くらいは食べたいかな。

すっかり鍋の季節ですね。また、旨いものを求めてどこかへ出かけていきましょう。
Commented by takibi-library at 2007-11-26 21:12
酉の市も、ねぎま鍋も「季節の風物詩」だね。季節感を盛り上げる"アイテム"って感じかな。
おいしかったけど、やっぱり家ではできないね。ショージくんと一緒で、どうせまぐろを買うなら、お刺身で食べちゃうな~(笑)。

<< 「シャーロック・ホームズの生還... 「シャーロック・ホームズの回想」読了 >>