「沈黙のファイル」読み始めました。

「不毛地帯」の主人公・壱岐正のモデルとされる瀬島龍三についてのルポルタージュです。社会の裏側を描いているとあって、どきどきで読み始めます。

でも、まだ数10ページですが、今のところ食い入るように読むところまでは至っていません。なんとなく「もう知ってる」感じがあって、この先どのくらいのびっくりがあるのかが今のところの楽しみです。

沈黙のファイル―「瀬島 龍三」とは何だったのか 新潮文庫
/ 新潮社
[PR]

by takibi-library | 2008-01-19 19:41 | いつも読書 | Comments(0)  

<< 皮をむいた果物について 大学入試センター試験 >>