「レクイエム」:外国文学づけ

もう、何でも来いだ!

課題図書読破を目指し、次はタブッキの「レクイエム」です。

主人公がある詩人(故人)と対話するべくリスボンの街を訪ね歩く物語。不思議なのは、会話部分に「」がないこと。誰の発現かわからなくなることはないのですが、宙に浮いた感じとでもいうか、なんとなくこの世のことではないような、ふわふわ、ゆらゆらとよるべなく物語が進んでいきます。

この雰囲気は好き。
読み終わったら、Uブックスのほうを買うと思います。


レクイエム
アントニオ タブッキ / / 白水社
ISBN : 4560045917
[PR]

by takibi-library | 2008-05-28 22:24 | いつも読書 | Comments(0)  

<< 大人なんだもの。 「もしもし、運命の人ですか。」... >>