「ペンギンの憂鬱」読了

最近多めのクレストブックスです。

動物園から譲り受けたペンギンとクラス主人公は、ペンネームでで追悼記事を書く仕事で生計を立てています。
その仕事を引き受けてからというもの、彼の身の回りで不穏な事件がじわじわと起こるのですが、そんなときも、ペンギンは相変わらず魚を食べ、家でいちばん涼しいところにたたずみ、ソファのとなりで立ったまま眠ります。そのちらっと描かれるマイペースぶりが少しずつ積み重なって、読み終わったときにはペンギンの姿がいちばん印象に残っています。

すっごいおすすめ!というほどではありませんが、佳作です。

でも、クレストブックスってちょっと高いですよね。
私はもちろん図書館で借りました。

ペンギンの憂鬱 (新潮クレスト・ブックス)
アンドレイ・クルコフ / / 新潮社
ISBN : 4105900412
[PR]

by takibi-library | 2008-07-08 22:53 | いつも読書 | Comments(0)  

<< 「山月記」:何度読んでも心にしみる。 早くも夏バテ? >>