「きのう何食べた?」:だだちゃ豆~!

きのうはアルバイトの後、友人K宅へ。毎年取り寄せているだだちゃ豆が届いたとのことで、昨年に引き続いて呼ばれてきました。
ほかほかのだだちゃ豆の甘い香りはたまりませんね。下戸の私は新発売のお気に入り、キリンの水出しミントジュレップソーダを飲みながらもりもり食べました。

夏も後半に差しかかり、暑さのギアがもう一段入ったこのごろ、暑くても食べもので季節を感じる幸せがあれば楽しく過ごせるというものです。

ところで、昨日はK夫妻の家には、まんがや本を貸したり借りたりしている友だちがそろったので、当然読みものの話になりました。
そこで、K夫妻がモーニング愛読者であることをちゃーんと知っている私は聞いてみました。
よしながふみさんの「きのう何食べた?」ってどう?
するとKはそそくさと立ち上がって、単行本の第1巻を出してきてくれました。やったー!
持っているんじゃないかと思ったんだ~(確信犯)。

このまんがはそれぞれ弁護士と美容師をしているゲイのカップルが主人公ですが、それは主題ではなくて、タイトルの通り、二人が囲むテーブルの上にぞくぞくとおかずが並ぶところが毎回のヤマ場です。なんとステキなまんが(笑)。
弁護士のシロさんと美容師のケンジは、昔のコピーであった(リアルタイムでは知りませんが)、「きみ作る人、ぼく食べる人」で、作るのはもっぱらシロさんです。このシロさんは締まり屋さんで、調味料などの“底値”を把握し、食費を最小限に抑えつつおいしい夕飯を作ることに執念を燃やしています。だから、仕事も6時まで(笑)。

この「仕事は6時まで+家でおいしい夕飯」というのには100%共感です。仕事の帰り道にスーパーに立ち寄って、献立を組み立てながら買い物するところとかたまりません。
そんなわけで読んでいて非常に楽しいのですが、ときどき心が騒ぎます。うっすらと「うちの夕飯も負けてないぞ」とむだなライバル心がちらっとよぎるから。まさに愛憎が交錯するひとときです。

しかし、シロさんと私は根本的に違うところがあります。私は食べものについては締まり屋ではありません。もともと経済観念がおおざっぱですし、底値を探るのが楽しいようなスーパーも近所にありません。夕飯の買いものは「何が食べたいか」から考えます。そのためなら多少高かろうとちーっとも気にしません。シロさんの言うように老後のことを考えて、食費を切り詰めて貯金したほうがいいのかもしれないけど。

違うところもあるけれど、シロさんとは夕飯が毎日の楽しみである者として、心の友、時にライバルでありたいと思いました。
自分でも買おうかな。レシピ本として。

きのう何食べた? 1 (1) (モーニングKC)
よしなが ふみ / / 講談社
ISBN : 4063726487
[PR]

by takibi-library | 2008-08-16 22:47 | いつも読書 | Comments(5)  

Commented by K at 2008-08-18 23:19 x
この本読んで、ついうっかりイチゴジャムを作っちゃいましたよ。この春は。2回も(^_^;
Commented by takibi-library at 2008-08-19 00:30
Kもすっかり「ジャムを作る男」になりましたな(笑)。
ジャムの回のおまけに書いてあったソルダムのジャムに興味津々。今が季節なので作ってみたいなー。
Commented by K at 2008-08-19 08:21 x
ソルダムのジャムも良さそうだよね。

今ささっとネットで見たら、半割にして煮たら
種と皮は自然にとれるらしい。

こういうものは気にしだしたら始めるのが億劫に
なるので、とりあえずやってみようかな。
Commented by takibi-library at 2008-08-20 20:52
私は作ったよ~(8/20の投稿を読むべし!)。
ソルダムいい。おすすめ。
ジャムを仕込み始めてからはたと気づいて、あわてて食パン買いに行ってよかった。おかげで今朝はジャムつきトーストを食べられました(笑)。
Commented by K at 2008-08-21 07:19 x
おぉ、早速作ったんですね。

うちでも今週末やってみよっと。

<< なんだか効率が悪い。 「柘榴のスープ」読了 >>