旅支度

来週の金曜日から、6日間のロンドン旅行に出かけます。
久しぶりの海外旅行+長時間の飛行機ということで、持っていく本を選んでいる最中です。私にとっては、この本選びも海外旅行の楽しみの一つになっています(いちばんの楽しみという説も・・・笑)。

今のところ、2冊が確定しています。
チャリング・クロス街84番地―書物を愛する人のための本 (中公文庫)
江藤 淳 / / 中央公論社
ISBN : 4122011639



ヘンリ・ライクロフトの私記 (岩波文庫)
ギッシング / / 岩波書店
ISBN : 400322471X




「チャリングクロス街~」はなるべく出かける前~行きの飛行機で、「ヘンリ・ライクロフト~」は滞在中の寝しなに。
あとは、光文社のホームズの新訳シリーズで未読のものをどれか1冊、それから帰りの飛行機用には勢いのあるエンタテイメントがいいので、伊坂幸太郎さんの作品にしようかなぁと思っています。

こういうふうに、「アレとコレと」と本を並べているときがなんともたまりません。
[PR]

by takibi-library | 2008-09-01 21:51 | いつも読書 | Comments(5)  

Commented by K at 2008-09-05 13:11 x
友人Kです。

ロンドン行くんですね-。
僕も旅行の時には必ず本を持って行きます。
飛行機の中は実は快適な読書空間だと思っています。

土産話を楽しみにしています。
Commented by takibi-library at 2008-09-05 20:32
はい。行ってきます。
飛行機、せっかくVirginに乗るのでプレミアムエコノミーにしてみました。読みまくりか寝まくりか(笑)。
Commented by K at 2008-09-06 11:27 x
友人K再び。

Virginだと映画を見る、というのも選択肢かも。
僕もVirginで行きましたが、さすがエンタメ系(?)航空会社、いい映画やってましたよ。
Commented by sho at 2008-09-07 16:09 x
VirginのCAはとても、時には必要以上に愛想がいいです。
機内はスゴク寒いので風邪をひきなおさないようにね。
Commented by takibi-library at 2008-09-07 18:31
K、shoさん、
Virgin情報ありがとう。寒いっていうのは要注意だね。マスクと首回りの巻ものを用意します。
エンタメ系といえばはじめて海外に行ったときが、まだ就航したばかりのVirginでした。その当時は、コンテンツ以前にエコノミーでも各席にモニターがあるのが「すげーっ!」って思いました。

<< POSTA COLLECT 天の思し召し >>