ロンドン滞在記④ おみやげに買ったもの

旅の楽しみの一つには買いものがあります。自分の趣味のものや雑貨もありますが、おいしそうなお菓子やめずらしい食べものを探すのもとっても楽しいことです。



自分用には、スペルトの小麦粉です。スペルトとは、今食べられている小麦の原種にあたる穀物です。最近、一部のパン屋さんでスペルトを使ったパンが売られていますが、バラマーケットにはスペルト専門のパン屋さんがあって、そこで製パン用の小麦粉も売っていたのです。
さすがに1kgの小麦粉を持って帰ることには迷いましたが、旅の勢いでもないと挑戦する気持ちにもならないだろうと、思い切って買いました。もうちょっと涼しくなったらこれでパンを焼こうと思います。
そのために、というわけでもないのですが、翌日コッツウォルズの台所道具のお店で焼き方も買いました(笑)。ノンスティック加工のものですが、厚みがあって熱の周りがよさそうです。
暑さ寒さも彼岸まで。もうちょっとしたらパン焼き再開かな。

バラ・マーケットでは、チョコレートブラウニーやチョコチップビスケットなども購入。これらは、バラ・マーケットでの買い物を装丁して持ってきたジップロックやタッパーウェアに入れて持ち帰りましたが、どれもおいしかったです。バラ・マーケットについてはまた別途書きますが、おすすめスポットですね。

ブックピックへのおみやげにプレスタットのフルーツゼリー入りチョコレート、Babesを買いました。

PRESTAT-Babes

とにかくパッケージがかわいい!見た目で選んだ品物でしたが、ミーティングでみんなと食べたらどの味もおいしかったです。そして、箱の中にあったお店のしおりを見てビックリ!
Prestat chocolates were famously 'adored' by Roald Dahl, who made them the centrepiece of his novel My Uncle Oswald.
「オズワルド叔父さん」じゃないですか!結構前に小宮山書店のガレージセールで田村隆一訳を買ってあるじゃないですか!読まねば。
ダールの名前があることで、見た目で選んだ割によい思い出がおまけについてきました。ふふふ。

ロンドン土産といえばやっぱり紅茶!日本での価格と比較するとほぼ半額で変えます。日本のスーパーでは見かけないトワイニングのティーバッグ(50個入り)は黒い箱で高級感がありますがちゃんとスーパーで売られています。。おみやげにはおすすめと友だちから教えてもらいましたが、その価格にまたビックリ!あちこちへのおみやげにしているのでここには書きませんが、衝撃の安さでした(笑)。ただし、同じロンドン市内でも、スーパーで買うのと、ハロッズで買うのとでは倍くらい違います。これらはスーパーで買うべし。

自分用に買った食べものにはまだ試していないものもあります。それらについてはおいおい。
[PR]

by takibi-library | 2008-09-22 23:05 | | Comments(2)  

Commented by sho at 2008-09-23 21:19 x
ロンドンから小麦粉1kg、コスタリカから鍋2kg(くらい?)。
kunugieらしくてウケました。
Commented by takibi-library at 2008-09-23 22:23
鍋はフランス。ルクルーゼを機内持ち込みのスーツケースで運びました(笑)。
コスタリカから持ってきたのはやかん。きれいな花の絵のヤツ。これはかさばるわりにはあんまり重たくなかったよ。

<< 「はこにわ虫」読了 ロンドン滞在記③ インド料理、... >>