小石原ポタリーの展示会へ行きました。

フードコーディネーターの長尾智子さんがデザインのアドバイスをしているという、小石原ポタリーの展示会へ行きました。南青山もちょっと入り組んだところでしたが、会場は盛況でした。

小石原焼はふだん使いの陶器を作り続けてきた伝統工芸です。
今のところ、小石原ポタリーのアイテムは、スープボウル、パン皿、浅鉢、平皿の4種類で、模様は15種類あります。白を基調に、グレイ、こげ茶と、いろいろな料理をあわせやすい色合いがどれもすてきでした。

とくに気になったのは浅鉢です。ひとつに2、3人分のおかずを盛るにも、めいめいのカレー皿としてもちょうどよさそう。それなりにいい値段でもありますが、頻繁に使えばすぐに償却できるかなー・・・とか考えています。

小石原ポタリーの製品は、現段階では展示会でしか買えません。そして、今回の展示会は明日まで。そしてそして、来年1月にスパイラルで展示会の予定があります。

とりあえず、1月までよく考えます。買う決心をするための言い訳とか、名目とかを(笑)。
[PR]

by takibi-library | 2008-11-14 22:13 | くらし | Comments(0)  

<< 丸一日休む。 「あした来る人」読了 >>