<   2007年 05月 ( 37 )   > この月の画像一覧

 

「ニコラス・マクファーソン」を観ました。

実家で契約しているシアターチャンネルで放送されたものを、家人がDVDにコピーしてきました。

ニコラス・マクファーソン」は、後藤ひろひと(大王!)作、竹下宏太郎演出のpiper色(?)の強い作品です。家人は劇場で観ていて、とてもおもしろかったと言っていたので、期待大です。
しかし、テレビで観てどうなのか・・・というのは、どんな演劇作品にもある不安で、それは運まかせになるのでしょう。

で、この「ニコラス・マクファーソン」。テレビでもじゅうぶん楽しめました。
小須田さん演じる東海林(しょうじ)刑事の「うっとおしいほどおちゃめさんだけど、実はスゴイやつ」というキャラクターがサイコーでした。小須田さんが演じているというのもポイント。ちゃんとしてたら二枚目なのに・・・って、ベタでツボです。

場面がどんどん交錯していく、登場人物の正体が徐々にわかっていく、仕掛け満載でスリリングなんだけど、小ネタ満載で常に笑える!再演があったら絶対見に行きたい作品になりました。

リアル友人に告ぐ! Mさんから順に観るべし!
[PR]

by takibi-library | 2007-05-31 22:26 | 鑑賞 | Comments(0)  

「とりぱん3」読了

今日は仕事を休みました。半日ぐっすり眠ったら、だいぶすっきり。

元気になってくると本が読みたくなります。私は体調が悪いと、本を読めません。読書もそれなりに体力が必要だと思うのはこんなときです。やっぱり、健康第一です。

昼ご飯を食べてから、借りてあった「とりぱん」の最新刊を読みました。相変わらずの笑いと感動。
こっけいな鳥や虫たちの行動、著者とお母さんのやりとりはときに声を出して笑ってしまいます。そして、山菜を食べたり、家庭菜園からいろいろ収穫したりする暮らしぶりはちょっと憧れます。

今回、巻末には絲山秋子さんとの対談が載っています。
絲山さんは、4ページ目が4コマになっていないのが好きだとのこと。私もそうなので、うれしいです。この4ページ目に綴られるとりのさんの言葉には、いつも心を揺さぶられます。晴れやかな気分になったり、考えさせられたり、美しいものを見たくなったり。
それから、絲山さんが馬術をやっている話。とりのさんも「馬」に興味を持ったようなので、絲山さんを訪ねていくことになるんじゃないかなぁとたのしみになりました。
言葉遣いも気取ったところがなくて、おふたりの屈託のない人柄が伝わってくる対談でした。

ところで、「とりぱん」を読むたびに、自分も買おうと思います。でも、今のところ買っていなくて・・・いよいよ買いどきでしょうか。

とりぱん 3 (3)
とりの なん子 / / 講談社
ISBN : 4063376192
[PR]

by takibi-library | 2007-05-30 18:34 | いつも読書 | Comments(0)  

風邪気味です。

今日は、家でお弁当を食べています。

朝は「ちょっとのどが変だな」という程度だったのですが、鼻水が出て、身体もだるいので仕事を早退してきました。
会社にいたときは、がんばって働いただろうというくらいの症状なので、ひどくはありません。でも、多少収入が減っても、ほんとにしたいことをする時間に寝込むことは避けることを第一に考えました。

それにしても、家で自分で作ったお弁当を食べるというのは、意外と楽しいです。

帰りがけに聞いた不穏な情報
[PR]

by takibi-library | 2007-05-29 14:12 | くらし | Comments(2)  

「蒼天航路10」読了:終わった~っ!

「蒼天航路」、ついに最終巻、1320ページ、重さにして約2kgをを読み終えました。

やっぱり、曹操こそ主役。
曹操が亡くなってからは、たったかた~っと物語は進み、あっさり収束しました。曹操なくしては、もうこの物語は進まない、きっぱりと潔い終わり方です(私があんまり好きではない劉備の最期なんて、ひとコマですから!)。

この連載は10年続いていたわけですが、筆者の画力はすごく上がっています。それもこのマンガをただの「三国志のマンガ」に終わらせない底力になっています。
戦闘シーンのひとコマ、ひとコマ、戦士のひとりひとり、きっちり描き込まれています。それを全て読み取るには、読み手も心してかからなくてはなりません。

読み終わってから2日経ちますが、興奮冷めやらず。
全巻わが家に集結している現在、また1から読み始めてしまう危険大・・・きっと読むな。
[PR]

by takibi-library | 2007-05-28 21:56 | いつも読書 | Comments(0)  

メモ転記

人から聞いた本のことなどを持ちなれない手帳に書いています。あまり見返していないので、書いたことも忘れそうです。だから、ここに書き直しておきましょう。

「スローターハウス5」 カート・ヴォネガット・ジュニア
Yちゃんが「知り合いのアメリカ人青年Pさんがおもしろいと勧めていた」というSF小説。
おもしろそうですが・・・SFですかぁ、道理ですぐにわからなかったはず・・・読むかどうかはちょっと保留。
読んだことある人、感想を聞かせてください。

「香水のすすめ」 堅田直久
[encounter.]でなんとなくおしまいまで読んでしまった本。資生堂の調香師の方が書いた、香水にまつわるあれこれ。おもしろかったです。
男性が読んだ方が楽しめそう。

「どちらでもいい」 アゴタ・クリストフ
先日、おうち居酒屋へ来てくれたBが持っていた本。図書館で借りたそう。
著者は「悪童日記」で有名。投げやりっぽいタイトルに惹かれます。

香水余談
[PR]

by takibi-library | 2007-05-27 22:58 | いつも読書 | Comments(0)  

「蒼天航路8・9」読了:荀彧の死!

ついに荀彧が死んでしまいました。

"君子"にふさわしい、美しい、白い死に様。
曹操が送った箱に入っていたものは、曹操の悲しみ、荀彧を救えないむなしさだったと思いました。はじめ、「お前にやるものは何もない」と解釈した荀彧でしたが、最期のとき、「それはありのままでよいということだ」と解釈できたのが、それまでに築き上げた曹操と荀彧の関係なのでした。
もしかしたら、曹操があらゆる意味で「守ろう」と思った相手は荀彧だけだったかもしれません。

武人に比べると、荀彧の死は地味な話です。
しかし、自らの残した白い轍の先、曹操の白い想いに遠慮なく包まれる荀彧。すがすがしく、でもはかない、やはり私にとっては涙なくして読めないところでした。
[PR]

by takibi-library | 2007-05-26 22:55 | いつも読書 | Comments(0)  

幸せおやつ

今、わが家のおやつは非常に充実しています。
これも、近所のスーパーマーケットで開催されている北海道物産展のおかげ。

規模は小さいのですが、私にとっては、柳月の「三方六」北菓楼の「開拓おかき」があるということで、大満足です。これらのお菓子は値段が手ごろなのもうれしいです。

甘い三方六を食べたあとに、しょっぱい開拓おかき(私の定番は昆布しょうゆ味)がある幸せ。
[PR]

by takibi-library | 2007-05-26 18:11 | くらし | Comments(2)  

時間差で、2種類のパン

昨晩は、冷蔵庫が壊れたことであわわ、あわわ。ブログの更新ができずじまいでした。

冷蔵庫は無事に購入し、18時以降に届く予定です。
今度のは今までよりちょっと大きいです。いつも野菜の宅配が届くタイミングで、野菜室がぎゅうぎゅうになってしまうので、それが解決されることを期待しています。

ところで、昨日はいつのも倍の量の小麦粉でパン生地を作り、発酵方法の違う=焼くタイミングが異なるベーグルとプチパンにしました。
b0069175_17553232.jpg

まとまった時間が取れるときなら、これはかなり効率よくオーブンを回せます。いい方法を見つけました。

ベーグルはこれまでより厚みのある成形、短めの発酵時間、すみやかなケトリングで、ぐっと生地が詰まった「らしさ」が強調された仕上がりです。穴がちょっと小さかったみたいで、焼きあがったときにはふさがってしまったものもありましたが、まぁ、それはそれで(笑)。
一方、プチパンですが、ベーグルの水分の少ない生地を2回発酵させてプチパンにしたので、味がちょっと心配(まだ食べていません)。おいしくなかったら、また考えます。

今回は(とりあえず)2種類焼いたぞ、ということで。
[PR]

by takibi-library | 2007-05-26 18:00 | パン | Comments(4)  

ピンチ! 冷蔵庫が壊れた。

たいへん、たいへん。冷蔵庫が壊れました。
明日、なんとしても即日配達してもらえるところで調達です。
[PR]

by takibi-library | 2007-05-25 23:40 | くらし | Comments(0)  

おうち居酒屋レポート

昨日は、おうち居酒屋を開催しました。
私は写真を取らなかったので、参加者のひとり、ばにおさん撮影の写真を拝借。

まずは冷奴と、スティック野菜。暑くなってきたので、こういうものがおいしくなってきました。野菜はみんなの好きなみそマヨネーズで。
b0069175_2024365.jpg

続いて、旬のそらまめ。さやごと丸焼きで。
b0069175_20275183.jpg

参加者のKさん作、まぐろのヅケとオクラの和えもの。赤身のまぐろがしっとりとして、オクラのねばねばとも好相性。自分でも作りたいです。
b0069175_2030744.jpg

そして、私がぜひ居酒屋メニューに!と楽しみにしていたジャーマンポテト。ちゃんと作ったのははじめてでしたが、われながらなかなかのできでした。
b0069175_20335285.jpg

ベーコンの脂のうまみはすごいです。でも、ちょっと身体に悪そう?仕上げにバターもちょっと足して悪魔の味(笑)。

ここまで用意して、宴会スタート!ポテトあつあつ、おとうふひんやり。
まぐろねっとり、野菜しゃきしゃき。味も質感もいろいろ楽しめて、思いつきで決めたわりにバランスのいい献立になりました。

ひとしきり食べて、ではもう1品・・・ということで、仕事を終えた友人が急遽参加することに。
ほとんど食べてしまったけど、お待ちかねの焼き鳥!ねぎと一緒にフライパンでじっくり焼きました。
b0069175_20455087.jpg

遅れてきた友人には、追加で焼いたそら豆と、づけまぐろ、それだけじゃ・・・ってことで、予定外の1品、油揚げのねぎみそ焼きを追加。
b0069175_20485019.jpg

そしてとどめには、両親からスペイン土産にもらったイベリコ豚の生ハム。塩気もほどよく、肉自体の香ばしさがたまりません。
b0069175_20511479.jpg

食べて、笑って、、食べて、飲んで、しゃべって、飲んで、食べて、笑って・・・楽しい時間はあっという間。今日はちょっと寝不足・・・。

連絡の行き違いがあって来られなかった人、急遽参加した人・・・いろいろでしたが、またご飯も居酒屋もやりますので、お楽しみに!
[PR]

by takibi-library | 2007-05-24 21:06 | くらし | Comments(8)