<   2007年 12月 ( 33 )   > この月の画像一覧

 

仕事納め

今日はアルバイトの年内最終日。金曜休みにしている私は、ラッキーなことに無調整で10連休です。
まぁ、勤務日数が少ないと収入も減るので、よろこんでばかりはいられないのですが、「10連休」という言葉の響きにはときめきます。

今年もあと4日。それだけの時間で何ができるかはわかりませんが、来年につながることをしたいとよくばった気持ちがなきにしもあらず。
とりあえずさっき、春からずるずると先延ばしにしていたことを片づけました。ちょっとずつは進めていたのですが、ちょっと一息つけるところまで到達しました。やれやれ。

来年に向けて力をためる休みにしたいです。
[PR]

by takibi-library | 2007-12-27 23:17 | くらし | Comments(0)  

神保町でカレー

神保町にはどうしてカレー屋さんがたくさんあるのですか?誰か教えてください。(ネットで調べるよりも、誰かに教えてもらいたい気分です。)

その疑問を心の小脇に抱えつつ、神保町で働くまんが師匠・Mさんと、ブックピックで話題になったカレー屋さん「ボンディ」へ。Mさんがブックピック代表のKさんに「今日クヌギさんとボンディに行くんだ!」と言ったところ、とてもうらやましがっていたとのこと。すばらしい。ますますカレーがおいしくなりそうな予感。

ビルの2階のお店に着いたときは7時前後だったと思いますが、まだ来店のピークではなかったようで、すぐに座れました。先日のおそばに続いて、今夜もラッキー。

カレーを注文すると、うわさのアレが出てきました。ふかしいも(じゃがいも)、ひとり2個!Mさんも私も仕事帰りで腹ペコですから、はふはふとあっという間に1個ずつ食べてしまいました。
私の当初の計画では、半分だけバターをつけて食べて、残りをカレーと一緒に・・・と思っていたのですが、気がつくと、全部食べていました。いかん!おいもを食べ過ぎないように言われていたのに。

ボンディは欧風カレーということで、とってつきのソース入れにルゥがよそってあります。そして、ご飯にはとろけるチーズが散らしてあって、食べるときにぐっとコクが増します。薬味は、テーブルに①福神漬②ラッキョウ③レーズンとココナッツを混ぜたものがあり、ご飯の器のすみに、きゅうりの漬物とカリカリ梅が添えてありました。

私が注文したのはポークカレーの甘口。とろっとしたルゥにお肉がコロコロしていて、見た目もボリューム感があっておいしそうです。なみなみとよそってあるルゥを注意深くスプンですくってご飯にかけると、なんだか幸せな気分になります。
お肉を食べてみると、ちょっとびっくりします。角煮みたいに甘辛い味がします。以前、札幌で食べた角煮スープカレーを思い出しました。意外と抵抗ないんですよ。ご飯に合います。
途中、残りのおいもの半分をカレーに入れました。全部は食べ切れませんでした。残念。

もくもくとカレーを食べて、まんがの交換をして、次はデザート。ミロンガ・ヌオーバでコーヒーとディプロマットショコラ(だったかな?)というチョコレートプリンを食べました。
しばらく動きたくないくらい満腹で、暖房のきいた店内で、ぽやーんとしながらまんが談義の食後のひととき。
[PR]

by takibi-library | 2007-12-26 23:26 | くらし | Comments(0)  

「沈黙博物館」:静けさにひそむもの

小川洋子さんの「沈黙博物館」を読みはじめました。まだほんの取っ掛かりのところですが、静かな世界の中に、何かがひそんでいるものの存在を感じます。どきどきします。

この前に読んだ「密やかな結晶」は消滅の物語でしたが、今回は博物館ということでものがたくさんあるという違いも、この先注意していきたいところです。

ひそんでいるものの気配は、本を開いていないときも感じます。
早くつづきを読もう。

沈黙博物館 (ちくま文庫)
小川 洋子 / / 筑摩書房
ISBN : 4480039635

でもね、
[PR]

by takibi-library | 2007-12-25 22:25 | いつも読書 | Comments(0)  

楽しい一夜

クリスマス会、楽しかったです。

家人が調達してくれたオードブルと、午前中に仕込んだポテトサラダ、友だちが作ってくれた大豆のめんたいマヨネーズ和え(←これ、止まりません!)がスターター。飲みものもシャンパンをはじめ、ジュース類も大人っぽいシュワシュワ系がいろいろ揃って、飲み比べも楽しかったです。

メインは鳥のグリルとグリル鍋で作った魚介のパエリア。パエリアははじめて作るというチャレンジでしたが(笑)、ちょっとおこげが「やりすぎ」だった以外は大成功。仕入れの友だちが大きなえびを買ってくれたことが決め手かな。

デザートはポールのシュトーレンと、ウェスティンホテルのクリスマスケーキ。さらに、非売品のミルクチョコレート!

笑って、笑って、あっという間に11時過ぎ。会費精算のあとは、もちろんプレゼントタイム!
みんな明日の朝ごはんにすると言ってくれました。がんばってよかった。

あと何日かで今年も終わり。その数日にまたお目にかかる人も、もう「よいお年を」の人も、これからも、楽しい時間も過ごしましょう。
[PR]

by takibi-library | 2007-12-25 00:27 | くらし | Comments(2)  

昨日のがんばり報告。

b0069175_10102958.jpgb0069175_10121142.jpg今日はわが家でクリスマス会です。
今年1年、一緒に楽しんだり、いろいろ助けてくれたりする友だちが集まるので、クリスマスプレゼントを用意しました。自家製ベーグル、プレインとクランベリーです。

今まで、フルーツを混ぜ込んだベーグルを作ったことがなかったので、ちょっと冒険でした。でも、思ったより楽に作業もできてひと安心。今朝試食して、クランベリーをしっかり使ってよかったと納得!そのままでおいしく食べられるし、クリスマスにはやっぱり赤いのが入っているとうれしいです。

ちゃんとしたビニールの袋を買って、金の針金(?)できゅっと口を結ぶと、それなりにすてきに見えます(自画自賛)。ベーグルは手作りでも味の劣化が遅い気がするし、リング型がかわいいので、今後贈り物アイテムとして活躍させたいです。

そろそろみんな、拙宅に向けて出かけたかな?
プレゼントはナイショなので、この投稿を書いたのは昼間でしたが、非公開にしてありました。ふふふ。
[PR]

by takibi-library | 2007-12-24 10:14 | くらし | Comments(2)  

がんばる日曜日!

今日は日曜日。(私にとっては)4連休の3日目。
前半の2日間も年賀状の印刷をしたり、バッグをあつらえに行ったりと、それなりに計画を立てて実行したこともあったけれど、今日は更にがんばる日です。

まずは、年賀状の宛名書き。会社勤めをしていた頃はだいたい50枚出していましたが、そのときも宛名は全部手書きしていました。パソコンなどを使って、宛名を印刷するのを否定するわけではありません。年々文字を手書きする機会が減っていて、手の力(筋力?)が落ちていないかたしかめるためです。
学生時代のようにノートをとったり、レポート用紙に字を埋め込んでいくこともないですし、確実に手の力は落ちていると自覚しています。それを反省しながら、毎年年賀状の宛名書きをします。今年は「ここち」の原稿でちょっとは各機会が増えて、枚数も少なめだから、楽に書き終えることができそうな予感がします。

宛名書きは午前中いっぱいの予定で、お昼を食べたら、明日わが家で開催予定のクリスマス会に向けた準備をします。買い物とか、部屋の片付けとか。
ということで、こうしてはいられません。さっさと洗濯物を干して、年賀状に取り掛からなくては!
[PR]

by takibi-library | 2007-12-23 09:36 | くらし | Comments(0)  

バッグを新調します。

今日は、普段使いのバッグを新調しました。奮発してオーダーメイドです!
そのバッグを作ってくれるのは、かばん屋さん(と私たちが呼んでいる女性)です。かばん屋さんとはブックピックの関係で知り合いました。

かばん屋さんのお店にうかがうのははじめてでした。そして、東急世田谷線に乗ることも。2両編成のバスみたいな電車に揺られていくのは、ちょっとした旅行気分。ウキウキです。

上町駅から歩いて5分ほどでお店に到着。小ぢんまりとしている、雰囲気のよいお店です。内装も建築を学んだかばん屋さん自ら手がけたとのこと。すごい。
おまけに、お汁粉もごちそうになってしまいました。こんな日には何よりのもてなしですね。おいしかった~。

かばんや家具、雑貨、そしてブックピックの本もある店内をゆったりと眺めているうちに、自分の気持ちがひとつのバッグに向かっていきました。それを肩にかけてみたときに、店の外をニコニコしながら通り過ぎる快活な女性が通り過ぎました。なんと!その人が持っているバッグは私が試しているものと同じではないですか。

寒い曇り空の下、「ほら、このバッグ!」と指を差していきいきと笑うその人を見て、私もあんなふうに歩けるかも・・・と想像がふくらんで、すっかり買う気になりました。

そのバッグのデザインと私の用途に向いている素材を選んでもらって、きょうはここまで。
雨が本格的に降る前に家路につきました。また、世田谷線に乗って・・・。

かばん屋さんのお店はこちら
[PR]

by takibi-library | 2007-12-22 22:51 | くらし | Comments(0)  

いいことなのかな。

孫悟空がどこまで行っても、お釈迦様の手は孫悟空の前に現れます。

お釈迦様の手の届く範囲にいられることを喜ぶべきか、その向こう側に出られないことを嘆くべきか。

そんなことをぼやぼやと考える冬の雨の夜です。
[PR]

by takibi-library | 2007-12-22 22:27 | くらし | Comments(0)  

「大正野郎」読了

爆笑請け合い!とのことで借りたのですが、そんなに爆笑はありませんでした。

Amazonの商品説明より
『デカスロン』の作者・山田芳裕の幻の初期傑作が文庫で登場!! 大正時代を愛し、芥川に傾倒する大学生の平凡にして非凡な日常生活とは!?
この時代遅れっぽさ、世間から浮き上がった様子がおもしろいところのはずなのですが・・・つまらなくはないんですが、爆笑!まではいかないんです。なぜなら、周囲もちょっと今っぽくないというか、そもそもちょっと昔?と思ってしまうからです。そして、私は主人公の大学生、平徹(たいらとおる)の趣味にあんまり違和感を覚えていないらしいからです。

らしい、というのは悪あがき。
あそこまで芥川好きではないけれど、生活のあちこちに「それいいよね」と思う反面、平徹と一緒というのはいかがなものかっ!と、踏ん張りたくなってしまう。あぁっ!

だってまずいでしょ。この人と一緒じゃぁ(笑)。

山田芳裕傑作集 (1) (小学館文庫)
山田 芳裕 / / 小学館
ISBN : 4091933211

このあとは・・・
[PR]

by takibi-library | 2007-12-21 20:41 | いつも読書 | Comments(0)  

焼けたよ~。

b0069175_16542879.jpgb0069175_16542891.jpgバナナブレッド完成です。
焼きたてもおいしいという触れ込みなので、さっそく試食。たしかにあっさりしていますが、思ったより甘いです。でも、これより砂糖を減らすと、食感やふくらみに影響が出そうです。

パウンド型はテフロン加工のものを使っていますが、ノンオイルだとちょっとくっつきますね。形が崩れるほどではありませんが、型にくっついていた面がちょっとざらついてしまいました。今度は紙を敷こう。

もうちょっと冷めたら全部スライスして冷凍。夜食や、パンの朝食にプラスして楽しみたいです。
[PR]

by takibi-library | 2007-12-21 16:54 | くらし | Comments(0)