<   2008年 06月 ( 31 )   > この月の画像一覧

 

食べられる保冷剤

今日のお弁当は、ハムとチーズ、アスパラをはさんだバケットサンド。
そろそろお弁当が痛まないように気をつけないといけない季節なので、ストックしてある保冷財を使おうかと思ったところで、ひらめきました。

「冷凍してあるバナナブレッドを凍ったまま持っていこう」

食後の甘いものもつけられて、保冷にもなって、これぞまさしく一石二鳥!
しかし、問題は自然解凍でおいしく食べられるかです。

どうかなーと思いつつ昼休み。
バケットを食べてから、バナナブレッドのラップをはがしてみると、ふつうに解凍されていました。びしょびしょしたりしていません。食べてもふつうにおいしい。

これはいい!
夏のお弁当はサンドイッチとバナナブレッドの組み合わせが増えるかも。
(真夏にバナナブレッドを焼くかどうかは・・・。)
[PR]

by takibi-library | 2008-06-30 23:23 | くらし | Comments(0)  

夜更かし読書

昨晩は珍しく、深夜2時過ぎまで本を読んでいました。そのため今朝は8時起床。
外はあいにくの雨ですが、このあとブックピックのミーティングへ出かけます。

それにしても久しぶりにがっつり読んだ気がします。ただ「結末が知りたい!」という気持ちだけでした。このところ課題図書が多く、自分で買った本を読む時間が少なめだったからでしょうか、読むことのワクワク感を満喫できたように思います。

読みきったのは「私家版」。映画を先(10年くらい前?)に観たのでプロットはだいたいわかっているし、頭の中では主人公はテレンス・スタンプでしたが、結末はすっかり忘れていて(笑)、はじめての作品として楽しめました。

感想はまた今夜か明日にでも。

うーん・・・やっぱり眠いな。
せっかくなので(?)今夜は早寝して、明日EURO2008の決勝観ちゃおうかな。
[PR]

by takibi-library | 2008-06-29 09:07 | いつも読書 | Comments(0)  

仕事のスタイルが違う。

土曜日出勤。同じフロアの3/4はがらんとしています。
職場が静かな上、案件数が少ないので、仕事もサクサクと片付いて、定時少し前に終了。この時間なら図書館に寄れるなと、ブックピック関係のメールをチェックしながら歩いていると、同じ職場の同僚たちが出てきたので、駅まで一緒に行きました。

「今日、一緒に怒られてちゃって、すみませんでした」

そう言ったのは、私の属しているステージのリーダーさん。同じアルバイトですが、たぶん私より10歳くらい年下なので、やっぱりまだ若いなぁと思うことは多々ありますが、うまく役割をこなせている若者です(やや上から目線)。
言われるまで、そんなことがあったのは忘れかけていたのですが、今日は、SVを補佐する係の人に、ちょっと注意をされて、彼はそのことを謝っているのでした。

「あぁ、気にしてないですよ。聞き流すから」

と答えましたが、それは結果的にうそになりました。そのときのことを思い出したら、けっこうもやもやした気分になってきて、こうして書いているのですから。

ある案件の処理の過程で、今後重大なミスにつながりかねない項目の見落としが見つかりました。それに気がついたリーダーさんが、ステージの担当者(私ともう一人の女性)にそのことを伝えにきました。
そして、見落としてしまった原因などを検証しているうちにテンションが上がって、話し合う声が大きくなってしまったのです。

「話するんなら、奥に行って!まだこっちの作業残っているんだから」

職場中に響く声で注意をされました。入力の部署なので、静かに作業をするようお互いに気を遣わなければならないのです。
しかし、私はその瞬間、びっくりしました。声の大きさとかではなく、その注意の仕方に。

頭ごなしに、恥をかかせることでしつけるのは、やり方としてスマートではないし、大人気ないです。
その声がとどろいた瞬間に走った職場の緊張は、引き締めるというよい効果よりも、ストレスのほうが強かったと思います。どうして、人がいやな思いをしない方法をとらないのでしょう。不思議でなりません。
注意をした女性も、たぶん彼女のポジションに求められた役割として声を上げたのですが、それがこの職場のスタンダードなのでしょうか。注意事項を記した回覧書類ひとつにしてもそう。ミスの事例を挙げ(個人も特定できる)、「これは常識です!」というつっけんどんな表現をオフィシャルな書類に使っているのです。かなり残念です。

前の部署は、和気あいあいとしていて、いざと言うときはみんなで乗り越えようという雰囲気がありました。だから、忙しいときはSVから頼まれなくても、大抵の人が自主的に早出も残業もしました。同じアルバイト先でもだいぶ違うようです。

もちろん、SVも、今日注意をした女性も、一人の人間としてはいい人です。でも、私とは仕事のスタイルが異なっています。私のスタイルは前の会社で10年以上かけて身につけたものです。おいそれと変えるつもりはありません。
残念なことですが、ここでは一定以上のがんばりを期待されても応えられません。心置きなくアルバイトをセーブして、本のことへ注力できるのでちょうどいいということにします。

でも、リーダーさんの謝りの言葉はとても新鮮な感じがしました。
そもそも彼が謝ることではないのですが、その言葉を聞けてよかったです。なんとなく感覚が近そうな人がいることがわかったので。

と、きれいな終わり方で、上向きなムードを明日へつなぎます!
[PR]

by takibi-library | 2008-06-28 22:30 | くらし | Comments(0)  

ぜいたくな朝

今日の朝食は、家の近くのホテルの朝食ビュッフェにて。

朝食にしては衝撃的な価格ですが、行って、食べて、納得しました。
とにかく種類が多く、どれもちゃんとおいしいんです。具体的な内容(憶えている限り)は文末を参照していただくとして、こういうぜいたくはいいなぁと思いました。

人によっては“ぜいたく”は後ろめたいと思うかもしれませんが、私は平気なほうです。むしろ、たまにはしなくてはならないと思っています。ふだんからそれほど切り詰めているわけでもないし、そこそこ余裕のある暮らしをしていますが、大げさに言うと「違う世界を見る」ことも必要なのです。行ってみて、体験してみてわかることは絶対にあります。
またそれが、「意外とつまらない」という結論であっても、体験したうえでの感想かそうでないかではやっぱり違うと思います。

ちなみに、一緒に行った母は、「旅行で行ったヨーロッパのホテルにいるみたい」と言っていました(外国人ゲストが多いホテルでした)。
そっか。ヨーロッパのホテルはこういう感じなんだな(笑)。

とにかく盛りだくさんのビュッフェでしたよ。
[PR]

by takibi-library | 2008-06-27 22:14 | くらし | Comments(0)  

「私家版」:ひさびさにミステリ

以前、古本屋さんで100円で買った「私家版」。今日から読みます。

テレンス・スタンプ主演で映画化されたものを観たことがあって、プロットはわかっているのですが、観たのはずいぶん前のことなので、スリリングな感覚が味わえそうな気がします。

ひさびさにミステリ。楽しみ。

私家版 (創元推理文庫)
ジャン=ジャック フィシュテル / / 東京創元社
ISBN : 4488208029
[PR]

by takibi-library | 2008-06-26 09:42 | いつも読書 | Comments(0)  

知恵市場に投稿しました。

「本読みが~」の最終回。最後は間に合いました。

7月は投稿を休んで、8月からまた違うスタイルで書き始めるつもりです。
書くのはしんどい。でも、このくらいはしんどいこともしないとね。


知恵市場 「本読みが本を読まないとき」 第6回 待つこと
http://www.chieichiba.net/blog/2008/06/by_kunugie_6.html
[PR]

by takibi-library | 2008-06-25 23:36 | 図書室たき火 実践編 | Comments(0)  

平日作業

アルバイトの残業が7時半で終わったので、夕飯の後、久しぶりにブックピック関係の作業をしました。

やっぱり、アルバイトのある日もこのくらいの作業ができる気力と時間を残しておきたいと思いますね。楽しいし、こっちが本業だし。

働きすぎ注意。でも、今日はボーナスが出た!
残業が50時間を越えた人にちょっとごほうびがあったのです。それはそれで、うれしい。
[PR]

by takibi-library | 2008-06-25 23:19 | 図書室たき火 実践編 | Comments(0)  

いやぁ、作った作った!

今夜は久しぶりのおうちごはん(仲良しが拙宅に集まって食事をすること)をしました。

今回ははじめて家でクスクスにトライ!加熱済みの扱いやすいタイプを使ったので、思いのほか簡単で、ラタトゥイユとの相性もバッチリ!上野万梨子さんのレシピをまねてカレー風味の炒めた豆腐も添えて、自己満足度は100%。

作るのにいっぱいいっぱいで、写真はなし。

献立のみ、メモしておきます。
・サラダ2種
  オレンジ色のサラダ(にんじんとオレンジ)
  緑!緑!のサラダ(アスパラ、カブの葉の茎、さやえんどう、ホワイトセロリ、松の実)
・ゆで豚ソテーとそら豆入りこふきいも、マスタードで食べる。
・ラタトゥイユのクスクスと豆腐のカレー炒め
・家の近所のパン屋のバケットとロンドンのバター
・差し入れ:黒胡椒入りチーズ、和風味ゼリー、ショコラティエ・エリカのチョコレート
やっぱり料理は楽しい!みんなで食べるのも楽しい!
[PR]

by takibi-library | 2008-06-24 23:41 | くらし | Comments(0)  

久しぶりにパンを焼きました。

アルバイトが忙しかったので、気分的にパン焼きから遠ざかっていました。やらなきゃいけないこと優先で、パンはお店のものを「楽しむ」時期にして、主に食べていたのは近所のパン屋さんの食パンでした。

今は穀物高や、バターの不足で個人のパン屋さんはたいへん厳しいと思います。住まいの近くのパン屋さんはチェーン店を除くとこの1軒だけ。どうやらかなり昔からこの地でがんばっているようです。応援の気持ちもあって、週に1回はここのパンをお昼ご飯にするなどしてひいきにしています。
サンドイッチなどの惣菜パンも気に入っているのですが、フランスパンやチャバタなどのハード系もけっこういけます。明日はフレンチ風の夕飯(?)にするつもりなので、バケットを調達する予定です。

でも、昨日は急に思い立って、久しぶりにパンを焼きました。
はるゆたかを買ってあったので、暑くなる前にそれを使いきりたいのもありますし、きっと峠を越して気持ちの余裕を取り戻しつつあるのだと思います。
あまり探究心を燃やさず、適当な配合で、のんびり取り組んだのですが、思いのほかいい感じに生地が仕上がる手ごたえが感じられ、楽しい時間が過ごせました。

今朝は雨。でも、久しぶりの自家製パンの朝食に、心はうきうき晴れやかでした。
はるゆたかを使い切るまではマメに焼いて、梅雨明けを待つつもりです。
[PR]

by takibi-library | 2008-06-23 23:12 | パン | Comments(0)  

古本に親しみを感じるこのごろ

book pick orchestraに入ったとき、「古本には接したことがないし、古本を“売る”ことには興味がない」と言っていたのですが、今読んでいる角田さんの「古本道場」の影響もあって、このところ古本の買付けに興味津々。

これまでは買付けよりもグラシン紙で包む“作業”のほうが楽しいことでした。今度新たに商品を置いていただく先があって、そのための商品準備が始まることもあって、これから少しずつ勉強して、お客様に喜ばれる本を探したいと思っています。

それにはまだまだ修行が足りません。アルバイトが落ち着いてきたので、「古本道場」片手にいろいろなお店を訪ねてみたいです。額に汗して!!

今のところ行きつけの数歩前の古本屋さんは、入りやすい雰囲気で、こざっぱりした雰囲気。ふつうに読みたい本がよく見つかるのがうれしいです。均一本も状態がいいし、思いのほかよい本が紛れ込んでいます。
しかし、目下の注目コーナーは、昔の文芸書です。持っていることが楽しい美しい装丁の昔の本もさりげなくおいてあります。先日は、表紙を開くと薄紙が現れ、その下に小さな美しい版画(?)がはさまっている本がありました。これは、武者小路実篤の「おめでたきひと」。物語と版画に描かれているものはあまり関係ないのですが、こういう仕掛けは最近本には見られません。思わず買ってしまいました・・・。

このいつもの古本屋さんでさえこんなに楽しいのです。いろいろなお店を回ったら、また新しい出会い、お楽しみがたくさんありそうでワクワクします。
[PR]

by takibi-library | 2008-06-21 22:41 | 図書室たき火 実践編 | Comments(0)