<   2012年 03月 ( 4 )   > この月の画像一覧

 

仙台へ行った話

先週、仙台へ行ってきました。

観光らしい観光も復興支援もない、本やおいしいもののあるところばかりをてくてく歩いて(ちょっとバスにも乗って)回る2日間。

ルートは次のとおり。

◎1日目
仙台メディアテーク→佐々重(仙台味噌/味噌カツ丼)→マゼラン(ブックカフェ)→本郷だるま屋(張子)→yutorico.(手紙用品)→stock(ブックカフェ/ホットケーキとコーヒー)→蔵の庄(セリ鍋!)

◎2日目
ブーク(東北大学工学部内の書店)→光源社→アンビエン(カフェ/500円ランチ)→yutorico.→火星の庭→仙台の駅ビルでおみやげ探し→ジュンク堂仙台LOFT店→鉄塔文庫(古本酒場)

どこも去りがたく楽しかったです。

ジュンク堂へ寄ったのは、取り置きをしてあったから。わざわざ仙台へ本を買いに行ったみたいで、うきうきしました。その本は「3.11キヲクのキロク」です(往来堂さんには入らないということで、浮気じゃないのです)。
それから、「ブックカフェのある街」も入手しました。今回御目文字かなった火星の庭の店主、前野さんが作った本です。火星の庭だけでなく、マゼラン、stockのはじまりの物語も読むことができる、わたしにとってはファンブックに近い、でも興味深く示唆も多い1冊です。

今回は純粋な旅行だったので、おみやげも充実!
家族に頼まれた「三陸海宝漬」、2回の夕飯で食べてすっかりとりこになった「定義山三角油揚げ」、ついに入手「仙台麩(油麩)」、阿部蒲鉾の「ちーずぼーる」、かき徳「かき時雨」、白松がモナカ、June Taylorのマーマレード。は、佐々重で「すりくるみ(生のくるみをすりつぶしただけのもの)」も買った。

かなり、ずっしりでした(笑)。

仙台麩、かき時雨、マーマレードはまだ食べていないけど、どれもおいしいものばかり。とくに三角油揚げは、油揚げ好きにはぜひ一度食べていただきたいです。全国にいろいろな油揚げがありますが、あぶって食べるにはいちばんおいしいと思います。

はー・・・書いているとまた遊びに行きたくなりますなー。

「3.11キヲクのキロク」市民が撮った3.11大震災 記憶の記録

NPO法人20世紀アーカイブ仙台 / NPO法人20世紀アーカイブ仙台



ブックカフェのある街 (仙台文庫)

前野 久美子 / メディアデザイン


[PR]

by takibi-library | 2012-03-26 22:07 | | Comments(2)  

「昭和元禄落語心中(1・2)」読了

今の作家の本は買わなきゃ、と言っているそばから、借りものの話。

まんが師匠のHさんが「久しぶりに買った」というこの作品。おもしろかった~。つづきもおおいに気になります。

昭和最後の名人といわれる噺家に、刑務所を出所したばかりのチンピラが弟子入りして、という物語です。師匠と弟子、彼らを取り巻く人々・・・登場人物ひとりひとりが魅力的で、それぞれを軸に読むと、さまざまな色合いを帯びてきます。だから3回くらい続けて読んじゃう(笑)。
(個人的には、先代の師匠から仕えている松田さんが気になります。)

今のところ、主人公である元チンピラのキャラクターが(実は)いちばんぼんやりしていて(だだの落語バカではなかろうと読んでいる)、これから何が明らかになるのか、何をつかんでいくのかが楽しみです。
でもやっぱり、なんだかんだで目をうばわれるのは八雲師匠。あの存在感、只者ではありません。

少しだけ落語を知っている人(わたし)には、描かれている時代(から、現在まで)の落語界を取り巻く空気がなんとなくわかるのですが、「落語はあんまり・・・」という人には、ちょっとわかりにくいところがあるかな、そういうところがわかるともっと楽しいかな、と思います。でも、物語はまだはじまったばかり。こんな小さな不満はすぐに消えてしまうくらい、作品への期待は持っています。

昭和元禄落語心中(1) (KCx ITAN)

雲田 はるこ / 講談社


[PR]

by takibi-library | 2012-03-24 10:16 | いつも読書 | Comments(0)  

「いろんな気持ちが本当の気持ち」読了

読んだきり感想を書いていない本がたまっていて、さらに今日、また本を買ってしまう。せめてその前に、と、これから続けざまに書いていこうと思います。

まずは、長嶋有さんの「いろんな気持ちが本当の気持ち」。雑誌などに掲載されたエッセイをまとめた本です。
手がけたあとがきや、自作についてのもの、ちょっとふざけた感じの軽く笑えるもの、いろいろ入っていて楽しい1冊になっています。
けれども、わたしにとってはときどき強く響いてくるものがありました。

今年に入ってもう少しで3か月。計算して確認してはいないけれど、たぶん、わたしは去年より多く新刊本を買っていると思います。それには、年の初めのほうでこの本を読んだことが作用しています。

わたしが楽しませてもらっている同じ時代を生きている作家たちが書き続けるためにわたしができることは、その本を買うことだけなのです。
もちろん、全部を買い集めることはできないけれど、これぞという作家さんの本は借りてすまさない。古本屋に出るのを待たない。そういう気持ちで今後の読書生活を送っていこうと決めました。古本であれやこれややっている立場としては矛盾していますが、その矛盾も片手に提げつつ。

いろんな気持ちが本当の気持ち (ちくま文庫)

長嶋 有 / 筑摩書房


[PR]

by takibi-library | 2012-03-24 09:54 | いつも読書 | Comments(2)  

「夜中にジャムを煮る」読了

単行本が出た当時から、題名が何かの呪文のように「効いて」いました。
だから文庫化がうれしかったのですが、カバーが予想とだいぶ違っていたせいか、急に冷めてしまいました。でも、やっぱり読みたい。状態のいい古書が見つかったので即買いしました(そして即文庫本葉書化)。

読んだ日は、とくべつな原因もないのにちょっと気落ちしていました。分厚い本を開く気分じゃなくて、確実に楽しく読めるものがしい気分でした(この点、平松さんのエッセイはわたしにとってとても手堅い選択)。
そして、どこから読もうかぱらぱらめくっていたら、「今日は何も食べたくない」というタイトルを発見。食事を作るのがめんどうでめんどうで、そのだらしなさにまたへこむ、という状態だったので、迷わずその、最後から2つ目の文章から読みました。

読んで、とても楽になりました。
読んでから、妹に「今日の夕飯は頼む」とメールをして、ちょっと眠って、すっかり元気になりました。

ちっともシリアスじゃないし、おいしそうな話が満載で、全体的には楽しい本ですが、食べることは暮らしの中に(中心だったりすみっこだったりいろいろな位置に)あるものだということが、なんとなく実感できるような気がします。
実感しても、実感でなくてもいい、そんな押しつけがましくない「食の話」が集めてあることが、平松さんの本を求める理由です。

夜中にジャムを煮る (新潮文庫)

平松 洋子 / 新潮社


[PR]

by takibi-library | 2012-03-07 23:05 | いつも読書 | Comments(0)