<   2016年 08月 ( 2 )   > この月の画像一覧

 

もやしの罠

わたしはもやしの罠にかかって、たぶん、もう一生抜けることはできない。

むかし、テレビの料理番組で、プロの中華料理人が「もやしは根を取り除いて調理する」というのをやっていて、それが頭の片隅に残っていた。それをふと思い出したある日、時間もあって、実践してみた。

以来、もやしを調理するときに、根を取らずにいられなくなってしまった。「根切りタイプ」でもそのまま使わず、少しの根も取り除く。これが、もやしの罠だ。

これは、あくまでも自分が調理をする場合に限られていて、出された料理に根つきのもやしが入っていても、気にならない。

どうして取らずにいられないのか。それは、取った根のかたまりを見てしまったからだと思う。もやし本体(?)についているときは、根ももやしの一部なのだけど、ひとたびちぎりとると、それはもやしではない、食べものらしくもない、茶色いもじゃもじゃだ。そのもじゃもじゃは、正直、食べたくない。
この感覚は、散髪のとき、床に散らばった髪の毛が、もう自分のものではない、掃除されるものであることと近いと思う。

だから、これから「たまにはもやしの根を取ってみようかしら?」と思っている人は、この先ずっと、もやしの根を取り続けることをいとわないと覚悟をして臨んでほしいと思う。そして、根を取った後の、くすみのない白いもやしの山に、小さな満足を覚えることを楽しみに。
[PR]

by takibi-library | 2016-08-05 10:34 | くらし | Comments(0)  

2016年7月のまとめ

7月は、秋のイベントに向けて、詩・俳句・短歌の本をあれやこれやつまみ読み。高校時代から漠然とした使命感(課題のような気持ち)でしか読んでいなかったけど、ここにきてようやく、なんとなく楽しくなってきた。「わからなくてもいい!」と吹っ切れたのかな。

◆生活全般
新しいCDプレーヤー(スピーカー一体型)を買う。
参議院議員選挙(7/10)
テレビでスポーツ観戦が楽しい(ウィンブルドンテニス、ツール・ド・フランス)
海外ドラマ『ハウスオブカーズ』シーズン4まで視聴終了(すごかった!)
NHKスペシャル『未解決事件 ロッキード事件』がおもしろかった。
桃が届く
はじめてMUJI BOOKSへ行く
アートブックフェア、出展決定
東京都知事選挙(7/31)
千代の富士が亡くなる(7/31)

◆読んだ本 ※つまみ読み除く。
日本推理作家協会編 『Guilty 殺意の連鎖』
平野啓一郎 『マチネの終わりに』
小沼丹 『黒いハンカチ』 (再読)

日中に詩などを黙々と読んでいたせいか、芝居をみすぎたせいか、読書は少なめ。
『Guilty~』は、自分にとって新しいミステリ作家を探しに読んでみたアンソロジー。結論、もともとすきな有栖川有栖・米澤穂信以外は、う~ん……。
『マチネ~』ははじめての平野作品。恋愛小説、それも主人公たちと自分が同世代の、だったけれど、どこか遠くて、おもしろいような、よくわからないような、ふんわりした読み心地。するすると最後まで読めたけれど、ドライブ感はゼロ。
『黒い~』は、ニシアヅマが何か詩を読んでいたな~と思って、秋に向けてたしかめたくなって読んだけれど、相変わらず楽しかった。

Guilty 殺意の連鎖 ミステリー傑作選 (講談社文庫)

講談社


マチネの終わりに

平野 啓一郎 / 毎日新聞出版


黒いハンカチ (創元推理文庫)

小沼 丹 / 東京創元社



◆その他のインプット
COFFEE NIGHT(唄と朗読)
演劇 『紙屋町さくらホテル』
ミュージカル 『エリザベート』
演劇 『ゴーゴーボーイズ ゴーゴーヘブン』(2回)
演劇 『月こうこう 風そうそう』
演劇 『名なしの侍』
演劇 『ヒトラー、最後の20000年』
[PR]

by takibi-library | 2016-08-02 18:26 | いつも読書 | Comments(0)