☆"サヨナラだけが人生だ"

昨日、「ひとたびはポプラに臥す3」を読み終えました。
終わり近くに、私も大好きな漢詩の訳がでてきました。
この杯(さかずき)を受けてくれ
どうぞなみなみつがしておくれ
花に嵐のたとえもあるぞ
「サヨナラ」だけが人生だ

これは「勧酒」という漢詩を井伏鱒二が訳したものです。
この詩には私の読書生活に欠かせない人との思い出があります。

以前、友達と食事をしながら、この「サヨナラだけが人生だ」が誰の言葉か、という話になり、調べたことがあります。そして、この詩の全文をはじめて読みました。このひとからは、「三国志」や、佐藤正午さん、山本周五郎さんの作品につながりました。
井伏訳であることを別の友達に報告したら、「鱒二の杯が満ちてくるようだ」と言われました。そして、そのひとからすすめられた本は、「指輪物語」。

そして今日、箱根に愛すべき仲間と植樹に行きました。
仲間内のあるお祝いの記念の分と、個人個人の分と、全部で27本植えました。

植樹の場所に向かう道のり、車のフロントガラスに、白い桜の花びらがはらはらと舞い落ちました。私はこの詩をを思い出して、心の中でそらんじました。

植樹した木は、必ずしも全てが順調に育ちません。
手入れが足らなかったり、小さいうちにウサギに葉を食べられてしまったり、風に負けてしまったりして、枯れてしまうことがしばしばだそうです。
2年後、3年後、私たちが植えた山桜が花を咲かせるように、ときどきみんなで世話に行きたいです。

そして、その木の下にみんなと一緒に集えるように、みんなに恥ずかしくない自分でいるように、私自身の手入れも怠らないように勤めなければなりません。
[PR]

# by takibi-library | 2004-04-10 23:05 | Comments(0)  

☆他人のために灯をともせば・・・

#出典:「ひとたびはポプラに臥す3」

クチャで宮本輝さんが思い出した言葉。
「他の人のために灯をともせば、我が前もまたあきらかなるが如し」
小さくても、他の人のために灯をともせる人間になりたい。
[PR]

# by takibi-library | 2004-04-09 13:03 | Comments(0)  

☆ひとたびはポプラに臥す3

☆この本を読み始めた理由

今読んでいる本は、宮本輝さんの「ひとたびはポプラに臥す3」(講談社文庫)。毎月髪を切ってもらっている美容師さんからだいぶ前にすすめられました。

☆今読んでいて・・・

関西弁であることを除けば、総じてすらすらと読めます(私は関西弁が少し苦手です)。
あまり楽しい道中ではないので(衛生面など、かなり過酷です)、うきうきワクワクという感じはないけれど、案外海外旅行ってそんなもんだよね・・・と、妙に共感します。ちょっとばてると、見えるもの、身の回りのものの悪いところばかり気づいてしまったりするところとか。
[PR]

# by takibi-library | 2004-04-09 11:09 | Comments(0)  

☆「ブログ、はじめました。」

おととい、はじめて「ブログ」という言葉を聞いて、昨日、それを教えてくれた友達とご飯を食べて、やってみることにしました。
[PR]

# by takibi-library | 2004-04-09 10:19 | このブログについて | Comments(0)