昼ごはん日誌 2016/04/11-13

11日。
請負仕事を期限前に提出。思った以上にサクサク進んでよかった。ひと段落したところでお昼に。豆腐とあさりと万能ねぎのスープ。だしはゆで鶏を作ったときのゆで汁で。それとご飯。少し肌寒い日は、スープがおいしい。
午後は、HOUSE of CARDSをみながら通常作業。楽しいひととき。
夕方、早めの夕飯に焼きそばを作って食べてから、ミュージカル『グランドホテル』をみに出かける。目当ては伊礼彼方さん。これまで、ストレートプレイか音楽劇でしかみたことがなかったから、彼のホームグラウンドであるミュージカルではどうなのかしら?と思って。これがすばらしかった(作品全体としてはいろいろあるけど)。
役が合っていたのはたしかにそうなのだけれど、それだけじゃない、説得力と華やかさ。よいものをみたと思う。

12日。
午前中は、昨日の午後と同じく、HOUSE of CARDSをみながら通常作業(←完全にコピペした)。13時に友だちと待ち合わせて、ラクシュミーでお昼。わたしはエッグカレー(久しぶり~)。お腹いっぱいになったところで、友だちを目黒区美術館へご案内。今は髙島野十郎展を開催している。この展示については九州に住む共通の友だちが教えてくれた巡回展。東京での開催地が目黒区美術館だったから一緒に行くことにしていた。
友だちに教わるまで、この画家のことは何も知らなかったのだけど、人物としても興味深かった。絵に対する変わらぬ情熱と、時期によって明確に画風や対象が変わるところを矛盾なく内包していたのだな、と思った。
子どもの帰宅までにと家路を急ぐ友だちと別れ、再びHOUSE of CARDSをみながら通常作業(またコピペ)。

13日。
人生初のマチソワ。明治座の花形歌舞伎(昼の部)→『イントレランスの祭り』。
お昼は明治座の食堂で、鮭といくらのバラ寿司。
『イントレランス~』で、「美意識」という言葉がたびたび出てきて、昼にみた『女殺油地獄』の様式美には、現在の日本人の美意識から離れていることもあって、歌舞伎では必要ないかもしれないけれど、「形」より「美」を優先させた演出がそろそろ出てきてもいいのかな、などと素人として思った。
[PR]

# by takibi-library | 2016-04-14 13:02 | 昼ごはん日誌 | Comments(0)  

昼ごはん日誌 2016/04/07-10

7日。
朝、ピラティスの先生から体調不良の連絡。夜荒天の予報だったので、無理はしないほうがいいと思っていたので、気にしないでほしいと伝える。
メールの処理だけしてから、強風になる前にと買い物に出る。書店で、知人のブックレビュー、福田里香さんの新連載などを立ち読みする。夕飯の材料と食パンを買って帰宅。
お昼は、その食パンでシナモントースト。最近、昼に甘いものが食べたくなる。なぜだろう。食べながら、NetflixでHOUSE of CARDSをみる。とてもおもしろい。大すき。ドラマに後ろ髪を引かれつつ、作業開始。印刷、折くせつけ、本の磨きなど。

8日。
ゆっくりめに起きたら、請負仕事のオファーが届いていた。その他メールの対応だけして、恒例の、新宿御苑でのお花見に出かける。
伊勢丹の地下に行って、升本のアスパラごはんのお弁当と、友だちと分けて食べる「鶏ごぼう南蛮」を買う。これは、鶏のから揚げの衣にごぼうを刻んだのがところどころ貼りついていて、それに甘酢だれがかかっているもの。味が濃い目なのがおいしかった。
新宿御苑はまだまだ見頃で、ほどよく花びらが舞う中で楽しめた。なにやら大規模な設営が行われていて、紅白幕を垂らしたテントがあちこちに建てられていた。警備の人に聞いてみたら、翌日の総理大臣主催のお花見会の準備だそう。感心するやらあきれるやら、雨降りやがれと思うやら。

9日。
請負仕事続行。順調に進む。
友だちとのやり取りで思い出し、『本陣殺人事件』を再読しようと思い立つ。
ふと見たニュースで、総理大臣のお花見会の招待客が16,000人と聞いて目を剥く。あれだけの準備が必要になるはずだと、納得。
夕方から、明治座で歌舞伎。その前の4時ごろ、お昼(?)を食べる。三越の地下のたいめいけんでカツカレー。ボリュームも控えめでいい感じ。カツカレーが食べたくなったらここに来ればいいのだ。
歌舞伎は『浮かれ心中』と『二人椀久』。春爛漫な演目で、楽しくて、美しくて、ほわわーっとした気分で劇場を出る感じがよかった。

10日。
最近、寝る前にもりもりと本を読んでしまっていけない。遅めに起きて、散歩(桜観測)をしてから朝昼兼用の食事。
ストウブで、キャベツ、ピーマン、マッシュルーム、ウインナーを蒸し焼きにしたものと、ピーナッツクリームをつけたトースト、コーヒー牛乳。
請負仕事を粛々と進める。やりやすい仕事で助かる。
夕方、買い物に出かける、ちょっと高かったけどやりいかを買う。煮物にしたら、帰ってきた妹がよろこんでくれたから、よかった。
食後に、問題の(?)『真田丸』。大坂編は、秀吉と清正以外壊滅的。来週からみるのを休もうと思う。
[PR]

# by takibi-library | 2016-04-11 09:40 | 昼ごはん日誌 | Comments(0)  

昼ごはん日誌 2016/04/01-06

そんなに忙しくはないはずなのに、更新が滞るのはなぜ……。

1日。
春キャベツがおいしすぎる。朝から蒸し焼きにしてわしわしと食べる。
午前中は、このブログを書いたり、連絡メールをやりとりしたり、印刷したりと、PC作業。お昼はコールスローとチーズひとかけ、トースト。
午後、外出。妄想ロックフェスへ。出かけようかというころから、ぐんぐん気温が下がりはじめ、コートにライナーをつけなおした。それでも半そでTシャツを誂えてしまう。早く着たい。もう1枚作りたい。
夜は、家族で中華。久しぶりにぜいたくした。

2日。
前の日に準備した分を包む日。急がなくていいけど、集中の流れに任せてがっつり進められた。
朝早い仕事に出ていた妹が、11時頃、できあいおかずをいろいろ買って帰ってきてくれたので、早めにお昼。イカフライ、ベトナム風揚げ春巻き、アボカドのサラダ(以上できあい)、キャベツとさやえんどうの卵とじ、しじみ汁、ご飯。
午後も包む、包む。
夜、『精霊の守り人』をみる。毎回楽しみで、期待を裏切らなくて、よい。

3日。
午前中は、前の日に包んだものを予定納品先ごとに分けたり、荷造りの準備。
ひと段落したところで、尾山台の洋服屋さんへ。シャツを見にいくつもりが、キュロットスカートを買ってしまう。大事に長く着たいと思わせてくれる、よい買い物ができた。満足。
帰りにバウムクーヘンを買って、買い物をして、帰宅。それから遅めのお昼。なんとなく甘いものが食べたくて、シナモントーストと、コーヒー牛乳。
夜、『真田丸』をみる。守城戦は楽しかったけれど、やはり女性の描き方の雑さが気になる。

4日。
新たに文庫本葉書を置いてくれるところへ、納品(発送)。ヤマトさんが来るまでに、昼ごはんをすませる。玉子とねぎだけのシンプルなチャーハン。チャーハンの頻度高いかも。
集荷が終わったら、散歩。目黒川へ。このところ花は盛りを迎えつつも、天気は曇りがちで、いまひとつ。でも、なるべく眺める時間を取りたいと思う。

5日。
午前中からは、紙や印刷についての調べもの。ちょっとはまり込んでしまって、時間がかかった。すぐにどうこうではないから、いったん手放す。
お昼は、肉みそかけご飯。ほんとは麺にかけようと思ったけれど、面倒くさくなった。食べてから少し本を読んでから、観劇に出かける。ハイバイ『おとこたち』。おもしろかった。笑ったり、ぐっときたり、考えさせられたり、また笑ったり、かなしくなったり、ずっと心にさざ波。

6日。
やっと、快晴! 朝、目黒川を散歩して、満開の桜を満喫。
でも、それがいけなかったみたい。なんだか呆けてしまい、印刷作業をちょっとしたきり、日がな一日読書して過ごす。夢中になりすぎて、まさかの昼抜き、おやつ抜き。
ふと気づいたときはもう夕方で、猛烈な空腹を覚えて「肉を食べねば!!」と、買い物に出かける。豚肩ロースの塊を買って、ポットローストに。モリモリ食べて、奇妙な春休みだな、などと思う。
[PR]

# by takibi-library | 2016-04-07 14:42 | 昼ごはん日誌 | Comments(0)  

昼ごはん日誌 2016/03/23-31

23日。
午前中は作業。
午後から出かけて、友だちと高円寺でランチ。カフェのタコライス、飲みもの付きで700円! 安い。
それから、郷土菓子研究所のお店へ。楽しい。アゼルバイジャンのお菓子とカヌレ、ポルボロン。

24日。
掃除をしてから散髪へ。帰りにヒンメルコロッケパンを買って帰る。
午後から作業。思いのほか、細かい作業にてこずるなど。

25日。
午前中はコツコツ。昼かられもみへ。Hさん親子と。ローストポークをレモンドッグにはさんで食べるプレートは大満足だった。
H書店さんへOさんを訪ねる。またれもみに戻って、チーズケーキとコーヒー。平澤さんでシックな色合いのラナンキュラスを買う。

26日。
鰹節チャーハン。

27日。
アボカドトースト。
材料が尽きて、世界堂へ仕入に行く。

28日。
近所のパン屋のマッシュルームチャバタ。

※この辺りまで、サン・ジョルディの日のシールをメインに、告知とかいろいろ。
 気分的にせっぱつまってた(笑)。

29日。
午前中に夕飯用のミートソース仕込。
新橋演舞場『乱鶯』鑑賞。幕間に「季節のご飯弁当」。たけのこご飯。
帰りにウエストでパイアラモード。
郵便局でシールの封書を投函して、新橋駅前の古本市をひやかして帰宅。

30日。
イハラさんに発送。
ブロッコリーとシメジをミートソースで炒め合わせたのと、食パン。スパゲッティをゆでるのが面倒で(笑)。

31日。
朝一でミーティング。
世界堂で紙を買ってから、代々木上原のケーキ屋さんで大三島の柑橘類が山盛りのパフェ。「まつり」がひと段落したので、ごほうび。
ハリッツでドーナツを買ってから、往来堂へ。シールを届ける。
帰りに家の近所でカツサンドを買う(2時ごろ)。昼ごはんとおやつ、時間と食べたものが逆転。

この期間、食べたものだけはメモしてあったけど、ばったばただったな……。
[PR]

# by takibi-library | 2016-04-02 18:55 | 昼ごはん日誌 | Comments(0)  

昼ごはん日誌 2016/03/20-22

20日。
21年経った。1月に阪神淡路大震災、3月に地下鉄サリン事件、社会人1年目だったということあって、当時のことは、節目のたびに思い出す。
世のなかのあれこれは、だいぶ変わってしまった。よくも、悪くも。
午前中は、小銭稼ぎのお仕事を進める。
お昼は実験料理。セロリと鶏肉の塩麹焼きそば。
セロリの塩麹漬けを細切りにした鶏肉にあえて、しばらく置いてから炒めて、焼きそばにした。思いがけずおいしくて、びっくり。セロリはまだあるので、また作りたい。
午後は、第三舞台封印解除・解散公演『深呼吸する惑星』をみる。楽しく、せつなく、そのときの時事を思わせる。あらためて、鴻上さんの作品は同時代性がいちばんの魅力だと気づく。時間がたってから映像でみるにはあまり適さない、できるかぎりそのときの公演をみるのがふさわしい楽しみ方だろう。

21日。
午前中、小銭稼ぎを少し進める。そのうちに妹が帰国。
昼から外出。横浜市内のHで友だちとランチ。定食は、鯵の南蛮漬け、大根と油揚げの煮物、小松菜のごま和え、みそ汁、ご飯(かなり山盛り)。
ゆっくり食べて、大きなクッションでくつろぎ、おやつも食べて、おしゃべりしながらほぼ半日すごす。
すばらしい気分転換。
夜は、早めに夕飯を食べつつBSで『真田丸』、お風呂をすませてから『刑事フォイル』、ヨーグルトを食べながら『火村英生』。
『真田丸』……女子供が出てくると、途端にぐだぐだする。
『刑事フォイル』のエンディングがよかった。サムはずっと自分が役に立っているか、自問自答を繰り返していたのだ。あらためて仕事への熱意を燃やすサムのこれからが見たいのに、最終回なのがさみしい。
『火村英生』、ラストはライヘンバッハの滝だった。続編ありと解釈。うまく今の時代のドラマに仕上げてたと思う。原作の再読も楽しい。
東京での桜の開花が宣言された。

22日。
がっつりと小銭作業を進める。
お昼は、アボカドチーズトースト、ゆでたスナップエンドウ+エジプト塩マヨ。
食べてから、目黒川の桜を偵察に。うちに近い流域はまだまだ。1本だけ咲きはじめていたけど、2、3輪だった。今年は長く楽しめそうでうれしい。
夕飯の買いものを済ませて帰宅。今日のうちに小銭作業を9割終らせるつもりでがんばる。夜なべも少し。
[PR]

# by takibi-library | 2016-03-23 10:37 | 昼ごはん日誌 | Comments(0)  

昼ごはん日誌 2016/03/18-19

18日。
妹が朝早く出かけるので、つられて早めの起床。朝ごはんを食べてから、洗濯のほか、掃除機かけたりなんかして、気分がよい。
気分がよいついでに、外へ出て、隣の駅のほうにあるブックオフまで、歩いて仕入に行く。川沿いの桜並木は、まだ咲きそうにないけれど、予報では21日開花……気が気でない。
文庫本を20冊ほど買って、帰りは電車で。翌日は天気が悪そうだから、少し食べものを買い込んで、帰宅。お昼は、ちょっと残っていた缶詰のデミグラスソースでハッシュドビーフ。お肉が少なかったから、しめじと玉ねぎを多めにして汁けとのバランスを取る。
午後は、買ってきた本の磨きと、クラフト紙の印刷。夜はテレビで『007/慰めの報酬』をみながら、片づけたり、ネットみたり。
友だちのツイートから、『さよならどびゅっシュー』のドラマをやっていると知って、途中からみる。本は読んでいないけれど、これは、ミステリーとしておもしろい、の?と思ってしまった。

19日。
今日も、早めに起床(勝手に目が覚めた)。起きた時点で、暖かいのか寒いのか、わからない。寒いような気がするし、窓を開けると、空気が少しもわっとしているし。
朝一番で、iCloudの写真を整理。月130円で容量を増やせると言われても、まずは減らして対応することにした。それから、アルバイトの要約の仕事。同じ会社から直で依頼が来た分。今回から、誤字脱字のチェックも頼まれる。
お昼は、はんぺんソテー、切り干し大根、セロリ糠漬け、ご飯。セロリは浅めのつけ具合のほうが、セロリらしさがあって好みだとわかる。
午後は、要約の仕事を少し進めてから、包み。
[PR]

# by takibi-library | 2016-03-19 12:43 | 昼ごはん日誌 | Comments(0)  

昼ごはん日誌 2016/03/15-17

15日。
朝ごはんに最後のおでんを食べる。午前中は包み作業。
作業中、ある角度にしたときに、左手首から肩にかけて、ぴきっと痛みが走ることに気がついて、マッサージの予約を入れる。
お昼は、朝ごはんみたいな内容。トースト、焼いたソーセージ、蒸し焼きキャベツなど。
食べて、一休みしてから、図書館経由でマッサージへ。なかなかオソロシイ説明を受けてから施術。結論としては、首残りが原因で、慢性化しかねないから、症状が出たら、マメに施術を受けたほうがよいとのこと。とりあえずは、痛みが解消されてほっとする。

16日。
翌日のおみやげおにぎりに備えて、いちばん近いデパ地下へヤングコーンを買いに行く。帰りにヒンメルのBLTサンドイッチ、ロブションのチョコバターサンドを買って帰宅。豪華なお昼ごはんにする。
午後は、シールを台紙に。「本のフェス」分の荷物発送。
夜は、相棒の最終回。なかなかおもしろかった。相変わらず政治的に今っぽい内容。冠城くんがいよいよ刑事になることがわかり、来期に期待。米沢さんは4月から警察学校の教官になるって話だったけど、レギュラーから外れるってことなのかしら。どうなのかしら。

17日。
おみやげおにぎり用にヤングコーンご飯。セロリ一株、大きなカリフラワーとの戦い。
セロリを糠床に入れてみる。どうなることやら。
おにぎりが冷めたら友だちのうちへ。お昼は恒例の、ジャンゴのパン。なに食べてもおいしいって、ほんとすごい。責めてる感じのサンドイッチも、とてもバランスのよい味で、真似したくなる。
読んだ本のことを話したり、赤ン坊を観察したりして、よい刺激。帰りにその町のブックオフへ寄ってみる。最近見かけなかった文庫本葉書に使える本をみつけてつい買ってしまう。
[PR]

# by takibi-library | 2016-03-18 09:52 | 昼ごはん日誌 | Comments(0)  

昼ごはん日誌 2016/03/11-14

11日。
午前中に、消防用設備点検。異常なし。まさに「この日」に防災関連の点検。気がひきしまる。
何年経っても、2011年3月11日に自分が何をしていたかは思い出せるのだろう。
お昼は、困ったときのおかかチャーハン。食べたら外出。仕入と皮膚科へ。

12日。
最低限の家事と仕事をちょこちょここなしてから、外出。
友だちと待ち合わせて、11時にフルーツパーラーへ。ナポリタンと、いちごたっぷりのショートケーキ。おいしいものと楽しいおしゃべりで大満足。
友だちと別れて往来堂へ。ここでもおしゃべり。教わったり、教えたり。新しい本を早く読みたいから、前に買ったものをどんどん読み進まなければ。

13日。
午前中は軽く作業。お昼にハッシュドビーフを食べたら、観劇へ。新国立劇場で『焼肉ドラゴン』。
戦後復興真っ只中の万博直前の大阪。映画『三丁目の夕日』の影のような物語。激情と絶叫と、号泣で彩られた人間模様の中で、一家の主が静かに発する言葉がひとたびは皆を鎮める。その、穏やかで強い父性が印象的だった。しかし、時代の波はその父親さえも押し流す。父親は、堰を切ったように叫ぶ。自分が失わされたものを返せと。それが返されることはないと思い知らされ、時間をかけてあきらめつつあるのに、またしても失わされる理不尽を叫ぶ。
前半を見た限りでは、わたしの知らない悲しみ、苦しみ、わたしが持っているものとは違う希望が描かれているのだろうと思ったけれど、後半に入ってから、その考えは間違っていると思った。この『焼肉ドラゴン』という物語は、ひとりひとりのなかにたしかにある、元の体験は異なっても同じ悲しみ、苦しみ、同じ方向へ向かう希望の記憶を呼び覚ます再生装置なのだ。この作品を見ることができて、ほんとうによかったと思う。

14日。
朝一から、ガス給湯器交換工事。11時過ぎに無事完了。これで当分は(12、3年は)安泰、の予定。
お昼は、2日目のおでん。練り物はあまりにないほうがいいというけれど、ちょっと出し殻になった感じの練り物にも、それなりの季節感を感じる。
仕事は、サン・ジョルディ関連(笑)の作業のキャッチボールがとても気持ちよくできて、気分がよい。
おやつをちょっと食べすぎたけれど。
[PR]

# by takibi-library | 2016-03-15 10:38 | 昼ごはん日誌 | Comments(0)  

昼ごはん日誌 2016/03/08-10

8日。
せっせと印刷。包む準備ができたところでお昼。キャベツ、ベーコン、アンチョビでフィデウア。
午後は、もくもくと包む。
夕飯を早く食べたので、夜も包み作業を。

9日。
午前中は、納品準備やそれにかかるデータ処理、メールチェックなど。お昼はパンでも買ってすまそうと思うも、新商品の「えだまめちゃん」が売り切れていたので、何も買わずに帰宅。家で、ゆで鳥とアボカドのサンドイッチを作って食べる。
夕方、バナナケーキを焼く。実は、早朝に、楽しい、うれしいお知らせがあったので、夕飯の後にダージリンのハッピーバレーをいれてケーキを食べる。

10日。
粗大ごみ(古いプリンター)を出す。申込み制で、だいたい申し込んでから10日~2週間後の日にちが割り当てられるので、忘れないかいつも不安。
翌日の消防用設備点検に備えて、ベランダの掃除。寒い、冷たい。まさに修行。
ひと息ついてから、目黒区美術館の『気仙沼と、東日本大震災の記憶』をみにいく。気仙沼市のリアス・アーク美術館の常設展示をはじめて都内で紹介する試み。震災直後から学芸員が撮影した写真と、文章による震災の記録は、真摯で思いのほかフラットで、みる側の心を静かに揺らし、その町の人々へ自然と寄り添わせるものだった。
お昼は、家で豚汁とチキンソテー。
午後はBSで放送されていた『バベットの晩餐会』を見る。それから軽く作業。
[PR]

# by takibi-library | 2016-03-11 11:43 | 昼ごはん日誌 | Comments(0)  

昼ごはん日誌 2016/03/05-07

5日。
朝一で打ち合わせ。新しいお取引先……と思いきや、新しい「取り組み」のパートナーシップについて、という感じの展開に。今後がとても楽しみになる。
帰りに、新宿へ寄って、世界堂、ブックオフ経由で、小田急の地下へ。お昼に有識の茶巾ずし、おやつにメルヘンの甘夏生クリームを買って帰る。
帰ってから、5月のお芝居のチケットを取る。無事に確保できたところでお昼。とにかく腹ペコで、世界卓球の再放送を見ながら、もりもりと食べる。お寿司だけでは足りず、おやつ用のサンドイッチも平らげて、やっと落ち着く。
お昼のあとは、打ち合わせで持ち帰ったことをまとめて、友だちとのメールのやり取りなど。夕飯を早めに食べて、夜も世界卓球。男子準決勝、すばらしい試合だった。

6日。
午前中に、メールチェックをすませて、ささっと外出。友だちと、共通の友だちの手製本の展示へ。お昼はその友だちと、パン屋さんで。クロックムッシュとシナモンドーナツ、コーヒー。輪っかのドーナツがあると、つい食べちゃう。
手製本の作品は、アイデアが炸裂していて、楽しかった。ああいう発想力や、それを実現させる熱意は自分にはないものなので、刺激になった。
帰りに、電車の自己の影響で、バスで帰宅。路線の始発から終点まで乗るので、音楽を聴きながらうとうと。パンとケーキを買って、帰宅。バスに揺られた疲れがじわじわきた。
夜の世界卓球、中国の強さは段違い。補助剤は問題だと思うけれど、そんなのなくても勝てると思うんだけどな。

7日。
目覚ましをつけ忘れて、9時まで寝てしまう。でも、前の晩は本を読んでしまったから、7時間ほどの睡眠時間。
起きてからは、さくさくと作業。ガス屋さんとの打ち合わせ、新電力の手続き、メールチェック、届いた印刷物の検品、納品するものを発送して、お昼。困ったときのおかかチャーハン。午後は、これから作って納品する分の割り振りなど。
今日は一日どんよりした天候で、ちょっと気を抜いたら、作業効率ががっくりと下がってしまった。しかたなく、夕飯の買いものへ。近所のスーパーで、魚の切り身がお安い日だったので、奮発して鰆を買う。おいしかった。
[PR]

# by takibi-library | 2016-03-07 21:53 | 昼ごはん日誌 | Comments(0)