タグ:文庫本葉書 ( 15 ) タグの人気記事

 

明日からcholonさんで本を売ります。ワークショップもあるよ!

ぐずぐずしていたら、前日になってしまった・・・。

明日、11月3日(水・祝)から、cholon代官山「秋のブックフェア」にブックピックオーケストラも参加します。

cholonオーナーの菊地智子さんの著書「cholon book」の発売記念も兼ねたこのイベントに、お店の雰囲気を思い浮かべながら選んだ古書を販売します。
ふだん古本屋には行かない、入りづらいという方にも気楽に手にとれるもの、こんな本があることを知ってほしいものをそろえたので、ぜひ見にきてください。

「cholon book」、わたしもさっそく購入しました。cholonのお店で買うとポストカード3枚セットがおまけでついてきてお得です。

イベントに戻りますが、ブックフェア期間中の11月6日(土)、7日(日)には、わたしにとっては初の「文庫本葉書ワークショップ」があります。

 お気に入りの本で文庫本葉書が作れる!

 友だちにユニークな方法で本をプレゼントできる!

 この世でいちばんたくさん文庫本葉書を作っている人から作り方を教われる!

かなりのビッグ・チャーンス!!です(手前味噌ですが・・・)。

気分が盛り上がってきたら、cholonさんのHPから申込みを。 →こちらです。

↓実際は高さの2/3くらいのかわいい帯がついていますよ!

cholon book

菊池 智子 / 主婦の友社


[PR]

by takibi-library | 2010-11-02 20:40 | bpo | Comments(0)  

数えてみてぎょっとした。

帰国後、ちょっとアルバイトをがんばっちゃったら、なんとなく疲れが抜けなくて、連休前の文庫本葉書生産に、昨日からようやく着手。

数えてみて、ぎょっとした(笑)。

それもこれも、水曜日からまた那須へ行くからなのですが(自業自得)、こりゃ、生産グッズを持っていかなくちゃ、かしら。

夜、ホテルのライブラリー(机がある)で文庫本葉書を作っているの図・・・想像してみると、悪くない気がします。

あ、「Book3」、読む暇なくなるか?
[PR]

by takibi-library | 2010-04-25 23:16 | bpo | Comments(2)  

まだ、リズムがつかめない。

今年は4日から働いているのですが、昨日ちょっと遠出(ブックピックがらみなので半分仕事)をして、その結果、ますますがんばらねば!となったので、ふだんのペースじゃない日々が続いています。

明日はいよいよ今年最初の文庫本葉書を作る日です。暮に仕入れをしっかりしてあるので、ガンガン包むぞ!

文庫本葉書を作る計画を立てると、ふだんのペースになっていくような気がします。
ブックピックに入ってもうすぐ丸3年。文庫本葉書作りはライフワークとなりつつあるのかもしれません。
[PR]

by takibi-library | 2010-01-07 22:32 | くらし | Comments(0)  

つくばへ自主出張

昨日、つくばへ行ってきました。
目的は、文庫本葉書を出品しているShingostar LIVINGさんの「本と本棚」を見るためです。

私にしては写真満載のつづき
[PR]

by takibi-library | 2009-10-28 22:57 | bpo | Comments(2)  

只今生産中!

今週は、本棚設置やら、ちょっと風邪ぎみやらで、文庫本葉書の生産が予定より遅れています。「予定より」といっても予定を開示しているわけでもないのですが(笑)。
昨日しっかり休んだので、今日はなかなかいい調子。食後にケーキも食べて、これからがんばります。

ところで、昨日は栗ごはんに秋刀魚の塩焼きという、これでもか!というくらいに秋らしい夕飯でしたが、写真を撮り忘れました。残念。
また作れば、と思っても、栗の皮むきをもう1回やる根性が・・・。
[PR]

by takibi-library | 2009-10-03 20:43 | bpo | Comments(0)  

往来堂書店に納品に行きました。

今日は夕方になってから千駄木へ行きました。詳しくは例によってブックピックのブログで。

orchestra pit「往来堂書店に納品しました。」

それにしても日が短くなったものです。6時過ぎたらもう夜ですね。
夏の夕暮れにはない、しんみりした、よるべないような雰囲気が広がります。帰りに立ち寄ったやなか珈琲店の温かいミルクコーヒーがおいしかったです。
[PR]

by takibi-library | 2009-09-21 21:30 | bpo | Comments(0)  

昨日、DADA CAFEに納品しました。

昨日、DADA CAFEに文庫本葉書を納品しました・・・という話をブックピックのブログに書きました。

orchestra pit 「DADA CAFEに納品しました。」
[PR]

by takibi-library | 2009-09-20 12:01 | bpo | Comments(0)  

文庫本葉書選び

往来堂書店さんへ、近々納品する予定です。

冷夏といえども、真夏は外へ出るのが億劫になるのは私ばかりではないようで、しばらくの間、往来堂書店さんも少しお客様の流れが穏やかだったようです。その間、文庫本葉書の売れ行きもスローペース。
しかし、この1週間で徐々に動きが出てきたと連絡をいただいたので、10冊程度納品します。今回は、売れ残り気味の数点も入れ替えます。

納品に向けて、今夜は手もとにある在庫をならべて準備をしました。
さくっと選んで、納品書などの入力をして、30分ほどで終わるつもりが1時間もかかってしまった!もうちょっとスムーズに作業できればいいのに・・・。

どんな人が買っていくのだろう。
自分で読むのかな。
誰かに送るかな。

作業中はいろいろ考えてしまいます。
でも、一度送り出してしまうと、きれいさっぱり忘れちゃうんですよね。
[PR]

by takibi-library | 2009-08-19 22:15 | bpo | Comments(0)  

送った文庫本葉書たちのこと

先日送った文庫本葉書のひとつは、リンクさせてもらっている、高知のお律さん宛てでした。

東京に住んでいて、ブログで知り合ったお律さんとは面識がありません。見ず知らずの人にいきなり便りを送るというのは、かなり思い切った行動です。
当然家の住所も知らないので、お律さんが手作りの洋服を納めている雑貨屋さん気付で“お律さま”という宛て書き。気味悪がられるかと、ちょっと、いやかなり心配していました。

ところが、この前の投稿にコメントをいただいたうえ、こんなふうにブログで紹介してくださいました。→cornet「文庫本葉書。」 お律さん、ありがとう!

もうひとつの送り先にも無事に届いていて、リアル友と、彼女のお母さんにおもしろがっていただけた模様です。よかった、よかった。


私は文庫本葉書の作り手であるので、中身の本を選んで送っていますが、実際のお客様は引用文だけで選ぶので、人に送るのはもっとドキドキだと思います。魅力的で、中を見たときに違和感を感じない、あるいは鮮やかな意外性を感じさせる、そんな引用をしていこうと、あらためて気持ちを引き締めました。
[PR]

by takibi-library | 2009-08-11 22:08 | bpo | Comments(2)  

文庫本葉書を送ってみた。

文庫本葉書は、210円の切手を貼れば、ポストに投函して送ることができます。それはこの商品の魅力のひとつなのですが、私自身は送ったことがありませんでした。

それは、いかがなものか?と思って、昨日、2通、送ってみました。
ふつうお店で買う場合は、引用文だけで選びますが、ここは作り手の特権をフルに使って、あの人とこの人に読ませたいとかねがね思っていたものを包みました(笑)。

届くのは週明けになってしまうかな。
受け取った人の感想を聞くのがとても楽しみです。
[PR]

by takibi-library | 2009-08-01 23:11 | bpo | Comments(0)