タグ:本屋さん ( 34 ) タグの人気記事

 

行きつけの本屋さんについて

最近あるきっかけで、全国で新しい書店ができたり、長く続いた書店が消えたりするニュースを知るようになりました。

日々それらを読んで思うことは、わたし自身が限られた書店しか行っていないということです。
「ふつう」がどれくらいかは知らないし、なんとなく、本好きとしては少ないんじゃないか、というあいまいな感覚ですが。

思い返してみると、これまで生活圏の変化に合わせて、1~2店の決まった書店に通ってきました。生活圏が変われば、通う書店も変わる、というのがわたしの基本のようです。せっかく思い出したので(笑)、メモしておくことにします。

-----

わたしの書店デビュー(?)は遅く、自覚的には中学に上がってからです。小学生のころは、父に本を買ってきてもらっていました。読んだ本の巻末のシリーズ紹介や、はさまっている新刊案内のチラシを見て、次の本をリクエストすると数日後届く、というしくみです。
父は勤務先に出入りしていた書店さんに注文していたと思われます。たぶん、紀伊国屋書店。私の本にカバーはありませんでしたが、父の本には紀伊国屋のカバーがよくかかっていたので。

中学(徒歩通学・通学路に書店なし):
とくに決まった書店なし。家族と買い物や外食に出かけたときに寄ることができるところ。

高校(電車通学):
学校帰りに途中下車して、西船橋の三省堂書店、すばる書店へ。

大学(電車通学片道2時間):
いちばん買っていたのは大学生協(割引があったから)。あとは日本橋の丸善(もちろん、まだ丸の内の丸善はない時代)、銀座の教文館書店、近藤書店(もうなくなってしまった)。学校は横浜でしたが、乗換駅の日本橋のほうが親しみがあって、横浜の本屋さんにはほとんど行きませんでした。

会社勤め(西新宿勤務):
高層ビルに入っている、福屋書店や丸善ブックメイツなどなどを転々と(開店したり移転したり閉店したり忙しかったな)。たまに南口の紀伊国屋。東急池上線沿線に住んでいたころは五反田のあおい書店が好きでした。Amazonもよく使ってました。

退職後:文庫本葉書を作るようになってから、往来堂書店ばかり。

-----

話題の書店もそんなに遠くなく、行けば行ったでおもしろかろうと思うのですが、面倒くさくて(!)なかなか気が向きません。とくに大型書店は、もはや体質として無理なのではないかと。果てしなさにげんなりして、購買意欲がなくなってしまうのです。これはこれで「いかんな~」と思うのですが、もうどうにもなりません。

と書いていて、往来堂がなくなったら?と一瞬想像して、ほんとうにおそろしくなりました。
そうならないように、これからもがんばって往来堂で本買うぞ。(あれ?)
[PR]

by takibi-library | 2012-01-08 11:06 | いつも読書 | Comments(0)  

本を、いっぱい買う。

昨日は、往来堂書店へ納品と買い物に行きました。

くりかえしになりますが、新刊本のほとんどを往来堂で買っています。
往来堂へ行く前に新宿の紀伊国屋書店(南口)を通ったのですが、本が、本が、本が、とにかくたくさんある!!ということがまず伝わってきて、打ちひしがれてしまいました。以前、新宿で働いていたときは職場のある西口から仕事帰りに歩いてきて、何かおもしろいものはないかとそれなりに楽しく過ごしていた場所です。でも今は、端から端まで見ることを想像して、途方にくれておしまい、です。

今回はとくに、そのあとに往来堂で取り置きしてある本を引き取る予定もあったからなおさら探す気が湧かなかったとも思いますが、さほど(距離は)遠くない場所に懐かしさを覚えるのは不思議な気がします。

それから往来堂で買い物!
[PR]

by takibi-library | 2011-02-26 12:06 | いつも読書 | Comments(0)  

BostonとCambridge ⑥買いもの

旅先での楽しみのひとつが買いものです。

友だちのうちに居候していたので、スーパーにも行きました。ありきたりのアメリカっぽい(=カートが巨大な)スーパーでは、ナビスコのリッツを買いました。ふつうの味(と思われる)ですが、ひとつひとつに花や蝶の模様がついているのです。これは今度食べるときに報告します。

スーパーに行って思ったのは、健康面を意識した商品の豊富さです。塩分、油分をコントロールした加工食品や調味料の種類の多さにはびっくりです。日本とは比べものになりません。健康面の問題を抱えている人がそれだけ多いということなのかもしれませんが、どうなんでしょう。
個人的には、成分で摂取量を抑えるのではなくて、食べる量そのものを減らすほうが手っ取り早いし、成分を調整するために必要な手間や別の添加物を省くことができると思うのですが・・・。

生活のための買いものはさておき、楽しい買いものもしましたよ。

やっぱりこれ!
[PR]

by takibi-library | 2010-05-03 17:47 | | Comments(0)  

納品ついでにコクーンタワーのブックファーストへ

今日はDADA CAFEへ納品に行きました。って話はブックピックのブログを読んでいただくとして、そのあと、西新宿コクーンタワーのブックファーストへ寄りました。

最近は往来堂書店一筋なので、大型書店は久しぶりです。広い、本当に広い。
広いだけあって、何でもあるような気がしました。働いていた会社の隣りのビルですが、在勤中にできてたら相当居座り、散財していたに違いありません。ふー・・・あぶない、あぶない。

今回は買いものではなく、お店の中を回遊魚のように歩き回って、どんな人がどんなところにいるか観察してきました。素人目線ですから、分析するわけではなくて、みんなどんな本に関心があるのか知りたかったのです。

いちばん人がいっぱいいたのは雑誌の棚。やっぱりなーとは思うのですが、文芸棚の過疎ぶりを見ると、いささか不安というか、さびしい気持ちになりました。
昼休み終わりかけでゆっくり棚を見る時間帯ではないのかもしれないけれど人っ子一人いない・・・(あ、一人いた=私)。おまけにいちばん近い出入口のドアが全開で持ってけドロボーなのか?きっとカメラがあるんだろうけれど、店員さんの目が全く感じられなくて、気を配られていない雰囲気がしました。でも、実際これが現実ってやつなのね。

でも、大型書店はたまには行くべきかな、とちょっと思いました。本がばばーんと真正面にあるといろいろ見落としていたことに気づきます。
見本市みたいです。あれと、これと・・・さ、往来堂へ注文、注文!
[PR]

by takibi-library | 2009-11-10 21:48 | いつも読書 | Comments(2)  

本屋さんで新語を聞く。

ブックピックの代表Kさん、Mさんと往来堂書店の店内で、いろいろ本を眺めつつ話したこと。

最近いわれる「草食系男子」について書かれた本を前に、質問をしました。実は私、草食系男子の定義がわからないので、ふたりに聞いてみました。

Mさん:「(ブックピックの)Tくんとかじゃない?」
私:「それって、孫っぽい感じ?」
Mさん:「そうそう・・・違うかな」

ふたりで妙に納得していましたが、どうやら違う模様で、そのあと、かわかみさんがいつものようにいろいろ講釈してくれました。
世の中では意味合いが徐々に変わっていくらしく、肉食系女子という言葉もあって、かといって、ライオンがシマウマ食べるようなわけでもなく、もっとびっくりな本当に初耳の新語も出た(けど忘れた)りして、結局、わりともてる草食系男子なるものがいる、という実情だけがわかりました。

でも聞いていると、どうやら私自身は、もてるという部分を除いては、草食系のようだ、と思いました。

草食系半隠居・・・なんか、ひどくのどかです。
[PR]

by takibi-library | 2009-05-14 23:41 | くらし | Comments(0)  

往来堂書店へ納品→座談会「谷根千建築紀行」

一箱古本市を控えた往来堂さんへ、どどんと(というほどでもないか)文庫本葉書を納品してきました。その後、旧安田楠雄邸での座談会へ。という話をorchestra pitに書きました。

orchestra pit

これでちょっと一息ついたら、またこつこつがんばります。だって、新しい目標ができたんだもん。ふふふ。

ところで座談会のあと、数ヶ月ぶりにラーメンを食べました。「世界の味」とかいう(笑)。それはともかくも、久しぶりだからか、今になってやたらのどがかわきます。ほうじ茶飲みまくり。
[PR]

by takibi-library | 2009-05-02 23:50 | bpo | Comments(0)  

往来堂書店へ納品

今日は千駄木にある往来堂書店へ文庫本葉書を納品しました。

という話を、ブックピックのブログに書きました。 →orchestra pit
[PR]

by takibi-library | 2009-04-23 21:53 | bpo | Comments(0)  

とっとく?とっとかない?

本棚の整理をしました。
文庫本葉書の材料にする(できる)ものと、とっておきたい(できない)ものとに分けて、棚に並びなおしたのですが、やっているうちに、もう全部文庫本葉書にしちまおうか、と思えたり。

というのも、文庫本葉書はその名のとおり、文庫本が紙で包まれていて、葉書のように包みに直に宛名やメッセージを書き込んで、切手を貼って全国に送れます。
贈り手の気持ちを載せて飛んでいって、受け取った人にうきうきと読んでもらったほうが、こんなちっこい部屋の本棚でぎゅうづめになっているより、本にとっても幸せなんじゃないかな~と、「持っているだけ」の状態に自分のエゴを感じました。

エゴ、なんですよね。実際内容をろくに憶えてないことも、なくもないし。
でもなかなか手放せない。むつかしい。

ただ、性格的に執着が長続きしません。いろいろなことについて、あるとき突然、まさしく憑き物が落ちたようにさっぱりと手放し、極端になると、その記憶が残る場所さえも保証しません。自分でもときどきびっくりするくらい忘れています。本に限らず、人についても。顔とか、名前とかの覚えがいいのは、常に記憶スペースが確保されているからかもしれないです。

そんなことをつらつらと考えつつ片づけを終えると、またおのずと文庫本葉書のこと、作らなきゃとか、引用どうしようとかで頭の中はいっぱいなのでした。
「副業、文庫本葉書製作」って言えるようになるかしら。
[PR]

by takibi-library | 2009-04-21 22:27 | 図書室たき火 実践編 | Comments(2)  

買い物ホリデー!

今日はあたたかくてお出かけ日和。

こんな道中でした。
[PR]

by takibi-library | 2009-02-12 18:31 | くらし | Comments(0)  

本屋さんは楽しい。

今日も銀座へお出かけ。昼ごはんに家族とてんぷら屋さんへ行きました。今週は火曜日の洋食に続き2回目の豪華ランチです。

満腹を抱えて少し歩こうかと思ったのですが、歩きはじめてすぐ目に入ったINAXブックギャラリーに吸い込まれてしまいました。

こちらの本屋さんは独自の並びが楽しいです。おもしろいと思うのは、リズミカルにサイズの違う本が並べられているところです。新書と文庫がごちゃ混ぜなんです。自分の本棚だと収納の効率とか考えてしまうけれど、マインドマップのようにつながりが目で見てわかるような並べ方をするのもアリかもしれません。
その並びのせいか、これまで気づかなかった本がたくさん見つかりました。八代目三津五郎の食エッセイとか、村上春樹さん訳の猫の童話(catwingsじゃなくて!)とか。

買いたかったけれどぐっとこらえました。
積読ボックスがいっぱいだからです。読めば買える!じゃんじゃん読もう。(おー!)

INAXから有楽町駅へ向かう途中、プランタンで古本のワゴンセールに遭遇。ちょっといいものが買えました。ある本についてブックピック代表のKさんに確認したところ、ほどほどに「買い」だったようで、うれしかった。
それから先日、長期計画で辻邦生さんの「ある生涯の七つの場所」の文庫(絶版)をもう一式そろえようと決めたのですが、ワゴンの中に5巻目を発見。状態もよくってラッキーでした。あと6冊。がんばるぞ。(ドラゴンボールみたいだ。)

本当は寄り道も、した。
[PR]

by takibi-library | 2009-02-05 22:23 | いつも読書 | Comments(8)