タグ:買いもの ( 36 ) タグの人気記事

 

本を、いっぱい買う。

昨日は、往来堂書店へ納品と買い物に行きました。

くりかえしになりますが、新刊本のほとんどを往来堂で買っています。
往来堂へ行く前に新宿の紀伊国屋書店(南口)を通ったのですが、本が、本が、本が、とにかくたくさんある!!ということがまず伝わってきて、打ちひしがれてしまいました。以前、新宿で働いていたときは職場のある西口から仕事帰りに歩いてきて、何かおもしろいものはないかとそれなりに楽しく過ごしていた場所です。でも今は、端から端まで見ることを想像して、途方にくれておしまい、です。

今回はとくに、そのあとに往来堂で取り置きしてある本を引き取る予定もあったからなおさら探す気が湧かなかったとも思いますが、さほど(距離は)遠くない場所に懐かしさを覚えるのは不思議な気がします。

それから往来堂で買い物!
[PR]

by takibi-library | 2011-02-26 12:06 | いつも読書 | Comments(0)  

おひとりさまのstarnet

4月28日から今日までアルバイトは休みにして、ちょっとのんびりしようと思ったら、後半に風邪を引き、この3日寝こんでいました。なんてぶざまな・・・。

でも、家でゴロゴロしながら思いました。4月はかなりがんばっていたんです。旅行に行くために根をつめたけど、けっきょくその旅行も体力的には「がんばった」ことのひとつで、1回転ではうっすらだけれど雪だるま式に疲れがたまっていたのでしょう。反省です。

ところで、連休前半は毎度毎度の那須へ家族旅行に出かけ、帰りにひとりでstarnetへ寄りました。去年の夏以来、starnet改装後はじめての訪問です。また、はじめて電車で益子へ行くこともあって、新鮮な気分で向かいました。

益子で楽しく買いもの
[PR]

by takibi-library | 2010-05-05 16:41 | | Comments(2)  

お弁当箱の衣替え

4月に入ってから、冬の間使っていたランチジャーをしまって、タッパーのお弁当箱に戻しました。鞄が軽くなって、うきうき!のはずが、このところの寒さで、早くもランチジャーが恋しい気分です。

毎年、この季節がお弁当箱の品揃えがいちばんいいです。買い換えたいな~と思うのも今ごろ。
いちばん心惹かれるのはやっぱり野田琺瑯。いかにもおしゃれさんで、地味な中味とつりあわないかもしれないけど。

ほしいな、ほしいな。
[PR]

by takibi-library | 2010-04-07 21:46 | くらし | Comments(0)  

6,000円で庭を買う。

かねてから考えていたことを遂に実行しました。
家から歩いて15分ほどのところにある、美術館の友の会に入ったのです。

この美術館には手入れの行き届いた芝生の美しい庭園があり、庭園だけの利用でも200円が必要なのですが、それに見合った気持ちのよい場所です。アルバイト先からも近いので、昼休みに出かけていって芝生の上でお弁当を食べるのはちょっとしたぜいたくです。

友の会に入るには、入会金が1,000円、年会費が5,000円かかります。入会すると、1年間の展覧会と庭園の利用が無料です。これは・・・6,000円であのお庭が、1年中タダで!つまり、桜も、もみじも、芝生もあるお庭がほとんど私の庭!

美術館に行くたびに、友の会のことが気になっていたけれど、なんとなく踏み切らないまま過していたのですが、もっと早く実行すればよかったと反省しきりです。
[PR]

by takibi-library | 2009-09-19 22:45 | くらし | Comments(0)  

収納増強計画

先日の静岡の地震での唯一の死者が、「本に」押しつぶされたことによることでした。そのニュースを見たり読んだりした知人、友人の中には、私の身にも同様のことが起こりかねないと思ったようです。

みなさんに心配されるまでもなく、そこそこ(まだ、そこそこだと思う)本を持ってはいますが、身長より高い棚はなく、肩くらいの高さの棚は、ベッドに倒れこまない位置においています。安全の点では大きな問題はないはずです。

しかし、収納については常にストレスを抱えています。
理想としてはこまごましたものも全部棚の中(見えないところ)に収めたいです。でも現状は、本棚の上に郵便物や、ブックレットなどがなぜか溜まってしまう、常に飽和状態です。これがとてもいらいらします。
片づかないことでいらいらし続けるのは、健全ではないと思い直し、また地震の教訓も後押しとなって、収納問題にがっつり取り組むことにしました。

早速明日はある家具屋さんのショールームへ行きます。メールでの問い合わせにていねいに答えてくださったので、期待大です。話の進み具合では(印象が変わらなければ)、具体的な相談をするくらいの心積もりでいます。

ところで、本棚をしっかり設けることにしたのには、もうひとつの意味があります。本のことを本気でやろう、食っていくかは別として、とにかく一生続けようという記念です。今までそう思っていなかったわけではないのですが、がつんと投資をしておくことで、それなりの気合を入れます。

いつか、本棚代を回収できるようにがんばろう!(笑)
[PR]

by takibi-library | 2009-09-03 21:31 | くらし | Comments(2)  

月に一度の買出し

おかげさまで、文庫本葉書が順調に売れています。その結果、この2、3ヶ月で毎月の生産スケジュールができてきました。

月の最初の火曜日(アルバイト定休日)を、買出し(仕入れ)の日にする。
買出しで数が揃わなかった場合は、随時仕入れを続ける。

買出し日の次の休みまでを本の磨きと包み紙の印刷にあてる。

それからは、夕飯の後などにせっせと包む。

前はちょこちょこ仕入れをしていたのですが、月に1回、決まったところへ買いに行くほうが出会いが多いことがわかってきて、けっきょく効率もいいようです。


そんなわけで、今日も買出しに行きました。
数も充分揃いましたが、純粋に自分用の買い物も楽しみました。

いつも自分用が見つかってしまう(なんということだ)、B堂さんは凄いと思う。
何冊か買ったけれど、いちばんはこれ。

小沼丹 小さな手袋/珈琲挽き 大人の本棚

小沼 丹 / みすず書房


「黒いハンカチ」で興味を持った小沼丹。調べて、次に読むのはこれかな、と思っていた本です。
講談社学芸文庫でも出ているのですが、それだと装幀がいまいち楽しくないので、みすず書房のが見つかるといいな、と思っていたのです。モスグリーンの渋めの表紙がとてもしっくり来る感じがします。

編者は庄野潤三さん。「黒いハンカチ」の少し後に、つながりを知らないまま庄野さんの「山田さんの鈴虫」を読んで、今日この本と出くわした。
それが、ひゃっほーい!と飛び上がるほど(注・気分だけ)うれしかったです。
[PR]

by takibi-library | 2009-08-04 22:55 | いつも読書 | Comments(0)  

めんどうくさがりなので

世の中には、いろいろなものがたくさん、目に見えているものだけでも数えきれない、憶えきれないくらいたくさんあります。その中から、身の回りに置くものを選ぶことは、実はけっこうたいへんなことだと最近思っています。
というのは、買いものの楽しみはその「選ぶ」過程にあると思うのですが、根がめんどうくさがりの私は、ときどき選ぶことにうんざりしてしまうのです。

その傾向が強く現れるもののひとつが洋服です。
結果のひとつとして、同型の色違い、素材違いの服がいくつかあります。確実に自分が気に入るのが保証されているものを続けて、あるいはくり返して買います。

同型は極端な話としても、たいがいの服を決まったお店で買っています。今は家からいちばん近いデパートの中なのですが、そこの店員さんが別のデパートの店舗に異動することになりました。その挨拶をしていただいたときに、その店員さんがいるのをいいことに、服のサイズすらろくに憶えていなかったことをあらためて反省しました。もうちょっとちゃんとしなくては。

ところで、先日あるお店ではじめて服を買いました。ちょっと遠くの、親しみのある町のお店。
ちょっと特徴のあるかたちのシャツなのですが、思いのほか気に入りそうです。今回買ったのは、綿麻混の半そで。冬になったら起毛加工をした綿の長袖も出るそうです。楽しみ。
また色違い、素材違いが増えるかもしれません。
[PR]

by takibi-library | 2009-07-04 23:27 | くらし | Comments(0)  

マイカー(ト) ~cholonさんへ納品

b0069175_17483100.jpg

ついに、カートを買いました。前回cholonへ30冊納品したときに、重くて参りました。今回はさらに10冊多い40冊。とてもむりだと思ったのでした。

東急ハンズへ行って、いろいろあるカートの価格差の根拠などを聞いて、求める性能(安定した走り、手が痛くならない)などを満たしていて、そんなに重装備でないものを選びました(中には階段も上り下りできるのもあった!)。

走りは上々。ほんと、買ってよかったです。
[PR]

by takibi-library | 2009-06-30 17:48 | くらし | Comments(0)  

休日?かどうかはよくわからないけど、いい一日

アルバイトが休みの今日は、午前中は歯の検診と、文庫本葉書の材料の買出し、一度帰って午後は家で作業。思った以上に作業が進んだので、早めに夕飯をすませて、散髪に出かけました。

文庫本葉書は一度引用したものも何度かくりかえし作るので、同じ本を探すのですが、そこは古本。すぐに見つかったり、なかなか見つからなかったり、まちまちです。
実は今、文庫本葉書をフル稼働で作っていて、今日はなるべくたくさんの本を買いたいと思っていました。それは、出発前の漁師のような気分です。今日の釣果はいかに?

Book Offも含めて何軒かの古本屋さんを回って、なんと30冊以上見つかりました。冊数では都内某所のBook Offでの投網漁がいちばんだったのですが、すてきなのが見つかったのは渋谷の古本屋さん。
歯医者さんの近くの2軒の古本屋さんへ行くのは検診のお楽しみなのですが、今日も「意外と♪」というのがいくつか見つかりました。
たとえば、古本的価値はさておき、ジャック・ロンドン「野生の呼び声」旺文社文庫版とか、ぐっときます。
ぐっとくるようになっちゃったんだなー・・・(遠い目)。

ところで、「ジャック・ロンドン」と書かずに「ロンドン」だけっていうのは、一瞬「は?」と思います(笑)。「アガサ・クリスティ」が「クリスティ」でもいいけどね。

ずっしりと重い買い物バッグを持って、がんばって牛乳も買って、家で遅めのお昼ごはん。
モッツァレラチーズとトマトのサラダを食べました。そして、デザート兼おやつは渋谷のディーン・アンド・デルーガで買ったシナモンロール。
アメリカのものはあまり感心しないのですが、ここのシナモンロールはアメリカーンな強烈さが不思議とおいしく感じます。これを食べたとき、レベッカ・ブラウンの「体の贈り物」に出てくるシナモンロールの描写を思い出して「これか!」とやっと理解しました。

午後はせっせと作業です。テーブルは本の山がずん、ずんと現れました。買ってきた本の整理と、引用のチェックがすんだところで早めの夕飯。おひとり様なので、簡単に焼きそばを作ってぱぱっとすませます。

梅雨に入ってから髪がふくらんでうっとおしいので、散髪へ行きました。家からいちばん近い美容室へ通っていてうれしいのは、こんな時間に出かける気になるところです。
ちょっとマッサージをしてもらったり、ハンドケアのサービスを受けたりしてリラックス。さんざん本を触って、手がかさついていたので助かりました。

家に戻って、再び作業。でも、ひたすらプリンターに働いてもらうので、私はもっぱら「ルパン三世」を見て過しました。最近気に入っているマンゴーカルピスを飲んで、やれやれです。

さ、明日はアルバイト。もちろん、お弁当持ち。早く寝よう。
[PR]

by takibi-library | 2009-06-19 22:57 | くらし | Comments(0)  

スターネットへ行ってきました。

今日は日帰りでスターネットへ行ってきました。
半分は前日からの1泊2日コース、半分が日帰り。日帰り組はいつもの大宮ではなく、東京駅で待ち合わせ。天気は快晴、メンバーのKくんが運転するプリウスで出発です。

プリウスでの遠出ははじめてだったのですが、ほんと静かな車です。カーナビのいうとおり、いつもの東北道ではなく常磐道を進む車窓は、田植えのすんだ田園風景がさわやかでした。
スターネットに入る前に茂木の道の駅で「おとめミルク」なるアイスクリームを食べました。季節商品で今日でこの春の販売は終了とのこと。ぎりぎりセーフ。
アイスクリームのショーケースをのぞくと、イチゴ味らしいピンク色が見当たりません。まさか売り切れ?と思っていたら、びっくり!おとめミルクとは、ミルクアイスに生のとちおとめを入れて、店員さんが1人前ずつがががががっと金属のスプーンで激しく混ぜて仕上げるのです。これには驚きましたが、フレッシュなイチゴの味が今までにないおいしさ。また来年まで食べられないけど、季節に行くことがあったらまた食べたいと思いました。

そのあと、馬門の滝でしばし休息を取って、目的地のスターネットへ。いつも楽しみにしているお昼ごはんです。今日は新製品の親子丼にもひかれましたが、いろいろ食べたい気分だったので、玄米プレートにしました。この玄米プレート、見た感じ肉っ気ないし、物足りないかも?と思うのですが、意外なことにお腹大満足なのです。ごちそうさまでした~!

ここからが本題?別棟のレコードでミーティング。風通しのよいスペースで満腹のお腹を抱えて椅子に座ると、あとは代表Kさんの子守唄トークがくりだす睡魔との闘いでした(すみません)。

スターネットは相変わらず時間の流れが不思議です。ゆったりしているのに、気がつくとあっという間。
たくさんの日光、たくさんのそよ風、東京にもあるといえばあるけれど、質が全然違うものを吸収して、からだの成分の入れ替えができた気がします。

そしてこちらも本題?のお買いものタイムでは、念願の箸置きを買いました。わが家には秋冬用の箸置き(たい焼きを模したもの)しかなかったので、水色の花や葉のかたちのものをとりどり6個選びました。
リアル友のみなさん、近いうちにご覧くださいませ。
[PR]

by takibi-library | 2009-06-07 23:33 | bpo | Comments(0)