タグ:食 ( 319 ) タグの人気記事

 

昼ごはん日誌 2016/01/31

ゆったりペースで作業。新しいお取引先へ送る荷作りが終わったところでお昼に。
ゆで鶏としそのチーズトースト。ゆで鶏の食べ方として、かなり好きなので、昼ごはんの定番になりそう。
午後は、帯状疱疹と納品ラッシュで遅れてしまった年次報告の準備。本の感想、あと2つ。
夜は、大河ドラマ→刑事フォイル。信長があっさり「終了」したことに憤る。むしろ主役の出番を削っていただきたい(笑)。
刑事フォイルのあと、そのままNHK-BSを見続けて、玉置浩二さんのシンフォニックコンサート。やはりすばらしい。どこの公演でもいいけれど、CD化されないのかしら。
[PR]

by takibi-library | 2016-02-01 11:54 | 昼ごはん日誌 | Comments(0)  

昼ごはん日誌 2016/01/28-30

28日。
朝からせっせと作業。体調は順調に回復。あと少し、だと思う。
午前中に、ホームセキュリティーの点検。異常なし。
今週、3軒の納品(準備)を予定していて、第一弾の集荷を待つ間にお昼ご飯。ちょっと久しぶりのフィリーズ・チーズステーキ。
食べたら、外出。保険料が高すぎる医療保険を見直して、他社の保険に変えることにしたので、その説明を受けに。これまでのは、いらない特約が多くつけられていたので、必要なものだけのシンプルで値ごろなプランにしてもらう。相談してよかった。
帰りに文庫本の仕入。夜は夜なべでもうひとがんばり。

29日。
昼から雨、夜には雪、という天気予報のため、いろいろ早めに、前倒しで進める。
まずは、帯状疱疹の経過観察のため皮膚科へ。順調とのことで、飲み薬はあと2日で終わり。塗り薬も変わる。
続いて、納品。千駄木へ。
まずは腹ごしらえ。久しぶりのれもみのランチ。野菜のマリネの盛り合わせ、鰤のづけ丼、大根のおみそ汁、金柑の甘煮にマスカルポーネチーズを挟んだもの。明日は籠るつもりでパンを買ってホクホク。
それから、往来堂さんへ。最近、文庫本葉書をタワーに陳列してくださり、商品の動きが早くなってありがたい。ちょうど手に取ってくださったお客様がいらっしゃったので、思わず自ら商品説明。しばらくお一人でひとつひとつ見てくださってはいたけれど、まさかのお買い上げ! やっぱりわたしが説明できたことは大きかったのかしら。うれしい。
帰りに食材を多めに買って帰宅。翌日を全休にすべく、前日に続き夜なべ仕事をがんばる。

30日。
朝のうちはなんだかんだで家事と、ちょこちょこ作業。
お昼前くらいからお休みモード。マンガを2冊読む。それからお昼。ゆで鶏としそのチーズトースト。
食べてからはSNSに観劇の感想などを書き散らかし、安冨先生の本を読み、おやつを食べ……をとっかえひっかえくりかえす。
何ってことをしない日、大事。
[PR]

by takibi-library | 2016-01-31 14:52 | 昼ごはん日誌 | Comments(0)  

昼ごはん日誌 2016/01/26-27

26日。
予定どおり作業。納品を待っている人がいるのはありがたい。着々と作業を進める。
お昼前にちょこっと外出。急用で行けなくなったという友だちから、翌日のお芝居のチケットを受け取りに。立ち話で近況報告など。
帰ってからお昼。白菜、シイタケ、ネギ、ニラが入ったたまご雑炊。作業中のままのテーブルで出かけてしまったので、床にクッションを敷いて座って食べる。

27日。
納品が重なっているので、せっせと作業。体調はじわじわよくなっている感じ。
お昼は、とにかくサッとすませる。残りもののにんじんしりしりと、たらこと、ご飯。午後もせっせと作業。
夕飯を早めにとって、観劇へ。二兎社『書く女』。肝の太い樋口一葉が新鮮だった。
[PR]

by takibi-library | 2016-01-28 11:39 | 昼ごはん日誌 | Comments(0)  

昼ごはん日誌 2016/01/22-25

22日。
朝一番でミーティング。それから、世界堂で紙を買って、友だちに会いに行く。
友だちは先月出産して、生まれた息子ももう外に出られるようになったので、友だちの家の最寄駅で待ち合わせて、おいしいパン屋さんへ。そこで、いろいろ買って、お昼ご飯にする。
焼きサバのサンドイッチ、魚のフライのサンドイッチ、チーズとくるみのパン、チョコレートとドライフルーツのパン、あんバタサンド、アップルサイダードーナツ。
友だちが子どもの世話をしている間に、ただ飲んだり食べたり、おしゃべりをしたりしただけなのに、友だちはずいぶん気が晴れたようで、よかった。これからも折りを見て訪ねていこうと思う。

23日。
朝から作業している間にも、追加納品の依頼が届き、ちょっとした高揚感を味わう。お昼はみそラーメン。昨日、パンを食べすぎて、夕飯に半分残した分を。
午後もコツコツ作業。来週は納品ラッシュだ。

24日。
午前中に少し作業をしてから、軽めのお昼。実家から届いた、栗入りお赤飯と、はんぺんソテー、冷やしトマト。
午後はお休み。今年の誕生日は、映画ではなくお芝居。東京芸術劇場シアターイーストでハイバイ『夫婦』を見る。はじめてのハイバイ作品だったけど、次回作も気になってくるくらいおもしろかった。
帰りに西武でお寿司とケーキを買って帰宅。翌日の人間ドックに備えて、夕飯を早めに食べる。
夜はテレビを見ながらだらだら過ごす。体調にちょっとした異変あり。

25日。
いよいよ体調がおかしいが(思い当る病名がある)、ドックには行く。問診の先生に「これはアレでしょうかね」と聞いたら、「たぶんそうだと思います」とのこと。
そんな訳でドックの後に皮膚科に行く。やはり、帯状疱疹だった。中学のときにかかって、そのときは「1度なったら、もうならない」と聞いていたけれど、最近はそうでもなく、2、3回かかることがあるそう。専用の薬を飲んで治療することに。とりあえず4日間は、平常時の70%の活動ですごすことに。
帰りにドックでもらった食事券を使える、ケンタッキーフライドチキンでお昼。チキン2つと、コールスローと、ウーロン茶。それから服薬……今週は納品ラッシュなのに!
[PR]

by takibi-library | 2016-01-25 16:26 | 昼ごはん日誌 | Comments(0)  

昼ごはん日誌 2016/01/20-21

20日。
朝は年次報告の原稿準備。いよいよ手書き原稿を書きはじめた。
11時過ぎから本の仕入に五反田へ。12時半ごろ帰宅。午後は歌舞伎を見にいく予定なので、お昼は簡単に納豆ご飯をかきこむ。
新春浅草歌舞伎の第2部は、『毛抜』と『義経千本桜』。どちらも楽しかった。松也さんの源九郎狐を見て、昔見た八十助さん(昨年亡くなった三津五郎さん)の演じた源九郎狐を思い出す。
休憩時間に焼いもを食べた。会場が寒かったこともあって、ことのほかおいしかった。
夕飯は外で済ませたので、帰ってから「相棒」を見ながら、昼間買った本を磨く。

21日。
朝は、本の磨きつづきから。それが終わったところで、近所で買いもの。
お昼は、ゆで鶏とブロッコリーのサラダとトースト、ミルクティー。さっと済ませて、磨いた本の入力とクラフト紙の印刷。あとは包むだけ、というところまで進める。
これから早めに夕飯の支度をして、ピラティスの前に食べるつもり。
[PR]

by takibi-library | 2016-01-21 16:07 | 昼ごはん日誌 | Comments(0)  

昼ごはん日誌 2016/01/17-19

17日。
午前中は作業。ひたすら包む。この段階がいちばん楽しい。
お昼は残りものの豚汁と、ピーマンとじゃこのきんぴら、カブと大根の酢漬け、ごはん。
午後から、友だちの家に遊びに行く。すばらしいホームシアターで『キングスマン』を見る。夕飯をごちそうになって帰る頃には雨が降りはじめる。

18日。
朝起きたら真っ白だった。けれども、降っているの既に雨で、これ以上は積もらないと思った。
お昼は、ゆで鶏とアボカド、チーズをのせたトースト。長尾智子さんの本で読んだ、ストックおかずとしてのゆで鶏は本当に便利。胸肉がおいしく食べられて経済的。
夕方、急きょ「文庫本葉書のフェアをやりたい」という連絡。有り難くお引き受けする。翌日、準備に専念できるように早寝。

19日。
早起き。7時半に作業開始。お昼までにフェア用の商品の集荷依頼まで終わらせると決めてコツコツ進める。1時過ぎ、ぎりぎりで目標達成。山内圭哉さんが出る「スタジオパーク」を見てからお昼。
前の晩の玉子スープ(豆腐、しいたけ、白菜、ねぎ入り)、塩鮭、ゆでたブロッコリー(みそマヨネーズ)。
朝早くから働いたので、午後はゆっくりめに作業をこなす。
夜は新しいドラマ『お義父さんと呼ばせて』を後半だけ見る。おもしろかった。
[PR]

by takibi-library | 2016-01-20 09:03 | 昼ごはん日誌 | Comments(0)  

昼ごはん日誌 2016/01/13-16

13・14日
地方から上京した友だちのアテンド2days。
13日はシアターコクーンでの観劇前に、東急のレストラン街にある永坂更科で、おかめそば。
14日は午後から待ち合わせだったので、家で納豆と、きゅうりの漬物と、ご飯。

15日
2日間遊んだぶん、ガッツリ作業。お腹が空いてもキリのいいところまでがんばる。
お昼は、豚肉、シイタケ、しめじ、ネギを入れたにゅうめん。具だくさんにして、そうめんは1把(50g)。
午後もコツコツ。20日までに納品するものが仕上がった。よしよし。

16日
前日の天気予報で、18日は雪になるかもしれないとのこと。予定を変更して、午前中は所用をすませる。
昼は、妹と近所のカレー屋で。お腹いっぱい。
午後は全日本卓球選手権のダブルスを流しながら読書。先日見たお芝居の戯曲を読む。いくつかあった疑問はほぼすべて解消された。
夜はまた観劇。うひひ。
[PR]

by takibi-library | 2016-01-16 16:22 | 昼ごはん日誌 | Comments(0)  

昼ごはん日誌 2016/01/09-12

9日。
大口の受注があって、じわじわからガツガツに作業モードを変更。でも、まだ鼻水が止まらないので、お昼頃耳鼻科へ。薬はまだ残っているので、診察と吸入をして戻ってくる。
お昼は、スーパーでまい泉のカツサンドを買って食べる。さくっとすませて作業、作業。
夜、新番組のドラマ、『逃げる女』をなんとなく見る。ソリッドな雰囲気の物語と、陽光が降り注ぐのが印象的な映像。続きが気になる。

10日。
朝から作業、作業。お昼は、たっぷり作り置いた野菜スープにゆで鶏を足して、ゆでた押し麦にかけたもの。
夕方から散髪。風邪が収束してよかった。いつもと違うカラーにしてみる。
夜、なんとなく大河ドラマを見る。全体的にはおもしろかった。けれども、何せ、主演俳優が苦手なので、いつまで耐えられるだろう。初回は、かなり耐え難いものがあった(←とてもマイルドに言って)。
主演以外では。平岳大さん演じる勝頼がすばらしく、印象的だった。これが見られただけで満足。大泉洋さんがとてもよい役でうれしい。藤井隆さんはこれからが楽しみ。内野聖陽さんは肉づきがよくてもかっこよく、吉田鋼太郎さんはもはやなんでもおいしい。

11日。
朝から、迷わず作業にかかれるのはうれしいことだ。お昼は混ぜるだけのスパゲッティ。いただきものバジルソースで。
午後、映画『オリエント急行殺人事件』を見ながら作業。ケネス・ブラナーがリメイクすると聞いたけど、どうなるのかな。夜は、追加して買った文庫本をみがきながら、実写版『ルパン三世』を。やはりキモは次元なのだな、とあらためて思う。

12日。
昨日磨いた本の入力、印刷。中途半端なところですごくおなかが空いたので、カップ納豆を一つ。
ひと段落して、お昼にチャーハンときゅうりの糠漬け。
これから、もう一山片づけて、夕方からマッサージ。今夜はグラノーラを焼くくらいにして、明日からのイベント(遊びの)に備えて、早めに休みたい。
[PR]

by takibi-library | 2016-01-12 14:01 | 昼ごはん日誌 | Comments(0)  

昼ごはん日誌 2016/01/04-08

4日。
仕事始め。妙に気合が入っていて、8時からコツコツと作業。お昼は、にゅうめん。具は、油揚げと長ネギ。
食べてから、往来堂へ納品と年始のご挨拶に。さっそくお買い物をしたくなるけど、暮れ(=数日前)にしこたま買い込んだばかりなのを思い出し、踏みとどまる(店員さんにも止められた)。けれども、今後に向けて、よい話もできたし、D坂参加記念のミロコバッグももらえたし、満足。

5日。
朝からくしゃみが止まらない。午前中は年次報告の準備。お昼前に夕飯の買いものに出て、帰りに、近所のパン屋で食パンと昼ごはんを買う。イベリコ豚のコロッケパン。ほんとうにイベリコ豚なのか。ずっと思っているし、そうじゃなくても買うだろうし……微妙なことこの上ない。
午後からいよいよ風邪っぽさが増してきたので、読書をしてすごす。

6日。
こんな、1週間おきに風邪を引くなどというのは、はじめてのことだ。いささか落ち込む。
しかし、ここは冷静に、急ぎの仕事がないうちに治すと決めて、一日寝て過ごす。ものすごく眠れたので、ほんとうに風邪だったかとあきらめる。まさかの昼抜き。
夜、米澤穂信『王とサーカス』を読み終わる。すばらしいの一言。新年最初にこんなにいいの読んじゃったよ。

7日。
午前中に耳鼻科へ行って、吸入。主に鼻の症状がひどかったので、これでだいぶ楽に。
帰ってから早めにお昼。今日は七草だけど、ある程度栄養をつけないといけないので、にらと卵の雑炊を作って食べる。午後は、春に向けての企画書(というか、声掛けのお便り?)づくり。とても楽しみになる。
夜、今年最初のピラティス。だいぶ体が楽になってきた。

8日。
風邪、あと一息。ひどくはならずにすんでよかった。しかし、今日、ほんとうは鎌倉へ行きたかった……(涙)。
午前中は、メール連絡や、取扱店の売上報告の処理。お昼は1食残っていた焼きそばを作って食べる。
午後、暖かいうちに夕飯の買いものをすませる。
帰ってきてから、この日誌を書いて、終わったら、年次報告の準備。
[PR]

by takibi-library | 2016-01-08 15:43 | 昼ごはん日誌 | Comments(0)  

昼ごはん日誌 2016/01/01-03

この日誌、2015年6月にはじめて、いちおう(途中思い出せない日もあったけど)続いている。今年もがんばろう。

1日。
元日の朝は、お雑煮とおせち少々。黒豆は自分で煮て盛ってきたものだけど、今年は妙においしく感じた。
サクサクとしたくをして、家族で母の実家へ向かう。
母の実家では、祖母がおせちなどなどを作って待っている。うちでは食べていない、ごまめ、お煮しめ、酢だこ、お刺身(まぐろ、帆立、ぼたんえび)などをせっせと食べる。それから、煮豚、水羊羹、果物いろいろ。
日が暮れかけたころ、いろいろもらってお暇。
食べ続けだったので、夕飯はテレビを見ながら「お茶」ですます。

2日。
7時過ぎに起きて、箱根駅伝往路!「瀬古さんがいない」というビッグニュース。
青学が1区からの首位を守って往路を制覇。すごい。けれども、「すごいね」とさらっと思うだけなのはなぜだろう。そういう雰囲気なんだよね、彼ら。
お昼はお餅。いそべ巻き。それともらってきた水羊羹。午後は読書とテレビ。もう徹底してだらだら。

3日。
あまりに差がついてしまったので、復路はゆるく観戦。青学が完全制覇。すばらしいけれど、物語としてはちょっと物足りないと思ってしまう。
お昼はお寿司!! お店からお年賀としてお造りをいただいて、満腹。
夕方、東京の家に戻る。
夜は、『吉原裏同心』→『科捜研の女』。それぞれの見どころは、江戸っ子を演じる山内圭哉さんのレア感と、金田明夫さん演じる藤倉部長のカッコよさ。
[PR]

by takibi-library | 2016-01-04 18:27 | 昼ごはん日誌 | Comments(0)