人気ブログランキング |

「1Q84」について話す。

「1Q84」を読み終わってから、この話をしたいと思いつつ、機会(あるいは相手)に恵まれていなかったのですが、先日それが叶いました。

同じように大半の村上作品を読んでいる、この前の投稿にコメントを寄せてくれたましゅと話したのですが、二人とも「(ずいぶん売れているけれど)どんな人が買っているのか」と疑問に思っています。万人受けする物語ではないし、長いし、高いし(笑)。

そもそもどうして「話題作」になったのでしょうか。「売れているから買う」というのが始まる前のことです。
ノーベル賞候補とか、エルサレム賞とかそのスピーチとか、なのでしょうか。わかりません。
(だれか、その最初のきっかけや理由を教えてください。)

たとえば、「ダヴィンチ・コード」がすごく売れたとき、みんなが持っていて、貸し借りも活発で、「もう読んだ?」「どこで犯人がわかった?」と話したりして・・・ということがありましたが、「1Q84」については一定の“本友だち”の間でしか話題になりません。

たしかに、この作品について感想を口にすることは、個人的な気持ちを吐露することに他ならないので、親しい間柄の人としかその内容については話題に出しにくい、というはあります(よって、このブログに詳しい感想を書くつもりはありません)。けれども、売れている割に読んでいる人との遭遇率があまり高くないように思います。

謎です。はじめて村上作品を読む人が、そして、おもしろくないと感じたり、途中で読むのをやめたりしているのでしょうか。
ましゅとは、はじめて読む村上作品としては「1Q84」はおすすめできない、ということも共通認識として上がりました。ブックピックの仲間のKくんは「1Q84」が人生初の村上作品でしたが、「読まず嫌いはあっさり克服」とのことでした。これはとてもまれな、幸福な例なのかもしれません。

私は読んでよかったと思います。読んでいるとその時間はかけがえのないものとなったし、物語が残り少なくなることがせつなかったです。
これまで読んだ村上作品の中でいちばん好きか、というと、けっしてそうではないのですが、これからも村上さんが物語を作り出してくれるのを心待ちにすることは、ひとつの生きる楽しみでありつづけると思います。

最後に、二人の意見が割れた点をひとつ紹介します。それは「続きはあるか?」です。
私はないと思いましたが、ましゅは「これまで上下巻だったのに、1、2と表記しているから、3、4があるかもしれない」とのこと。うーん・・・そうなのかなー。

続きはあってもなくてもいいです。あれば、読むだけ。

1Q84 BOOK 1

村上 春樹 / 新潮社


1Q84 BOOK 2

村上 春樹 / 新潮社


by takibi-library | 2009-07-21 23:01 | いつも読書  

<< 「アクロイド殺害事件」読了 犬のおまわりさん >>