ラオス旅行 3、ビエンチャン②織物工房

ビエンチャンでいちばん楽しかったのは、織物工房を見学したことです。



ラオスの織物は、すべて手作業で仕上げられています。そのようすを見ることのできる工房へ友だちが連れて行ってくれました。
ひとつひとつの工程がていねいにすすめられていること、工房の穏やかな雰囲気を垣間見ることはとても興味深く、購買意欲が高められました。

和やかな職場で、リズミカルに糸車が回っています。
b0069175_1612476.jpg

b0069175_1623958.jpg

染めのスペースは一見地味ですが、仕上がりは色鮮やかです。
b0069175_166039.jpg

b0069175_1664510.jpg

そしてこちらは、矢絣などの織り模様のための工程です。織る前にその模様が出るように、糸の白く残す部分にビニール紐を巻いていきます。とても細かい!
b0069175_1672020.jpg

b0069175_16103032.jpg

いよいよ織りに入っても、のんびりと言っていいくらいの何気ない雰囲気で高度な作業をしています。見学者が通りかかると顔を上げてほほえんでくれます。
私だったら、あんな暑いところで(外ですから!)、あんな細かい気の遠くなるような作業を笑顔で続けることはできないでしょう。
b0069175_16223634.jpg

b0069175_1623214.jpg

工房に併設されたお店(エアコンあり!)では、作品の数々を実際に手にとって選ぶことができます。どれもすばらしく、時間が経つのを忘れてしまいます。
もしもう一度ビエンチャンへ来ることがあったら、このお店と工房はぜひ訪ねたいです。
[PR]

by takibi-library | 2010-07-31 16:26 | | Comments(2)  

Commented by 鬼じま at 2010-08-02 23:21 x
こういう工程を見ると、買いたくなりますね。品物の魅力が増して見えるのと同時に、この人(の仕事)にお金を払いたい、という気になります。
Commented by takibi-library at 2010-08-03 10:25
ほんとうに、うっとりです。
でもモノの値段については考えさせられました・・・。こんなに安くていいのかな、と。

<< ラオス旅行 4、パクセー①ワッ... ラオス旅行 3、ビエンチャン①お参り >>