2018年1月のまとめ

新年早々、うっすらとした体調不良が続いて、チケットを取ってあったり、上演期間が短かったりする演劇だけはどうにか見られるようにがんばった。

◆生活全般

新年
新しい仕事の面接
風邪をひく(ひどくないけどズルズル長引く)
鎌倉をぶらぶらする
積雪(1/22-23)
誕生日
アーシュラ・K・ル・グウィンさん死去
ドラマ「精霊の守り人」完結


◆読んだ本

クリスティー 『ゴルフ場殺人事件』
三品輝起 『すべての雑貨』
松岡真宏・山手剛人 『宅配がなくなる日 同時性解消の社会論』

秋ごろからの読書が進まない状態を打破するべく、リハビリとしてミステリを読んだ。クリスティを選んで正解。たっぷりとしたボリュームをおもしろく読むことで、シンプルな読書の楽しさを思い出す。
『すべて~』と『宅配~』は、友だちやSNS上でおもしろかったと聞いたり見たりした本。『すべて~』は、さまざまな「モノ」がすべて雑貨になっていくという主張がユニークであると同時に的確だった。『宅配~』は、ヤマト運輸の未払い給与の問題と三越伊勢丹の業績不振を、それぞれの経緯を踏まえて同じ潮流に乗ったものであると分析していた。とても面白いし、内容も納得できるもの。ただ、「君の名は。」を例にして説明された箇所は、まったくわからず残念(見ていないから)。もはや比喩として一般的に通じるものなのね……(ちょっと不満!)。

ゴルフ場殺人事件(クリスティー文庫)

アガサ・クリスティー/早川書房

undefined


すべての雑貨

三品 輝起/夏葉社

undefined


宅配がなくなる日 同時性解消の社会論

松岡 真宏,山手 剛人/日本経済新聞出版社

undefined



◆その他のインプット

映画 「キングスマン ゴールデンサークル」(2回)
演劇 パルコ・プロデュース「テロ」
演劇 シス・カンパニー「近松心中物語」
演劇 KAAT「三文オペラ」

[PR]

by takibi-library | 2018-03-01 17:11 | いつも読書 | Comments(0)  

<< 2018年2月のまとめ 2017年7~12月のまとめ >>