少しずつ進んでいます。

まだ就業はしていないのですが、ときどきHPの打ち合わせをしたり、アトリエに本を持ち込んで組み合わせを考えたりしています。

実際のお店の設計図ももらって、想像が膨らみます。
ビルの1階にレストランと物販スペースがあって、私は物販スペースに常駐します。カウンター(机)があってPCが1台設置されるので、事務仕事もそこでできるのです。

HPの構成について打ち合わせたときに思ったのですが、HPを見て「バッグがほしい」より、「お店へ行ってみたい」と思ってほしいです。お店に来てバッグを見ればそのステキさはわかるので、まず来てほしいです。

見るだけでも楽しくて、買ったらそのあとも楽しくなる仕掛けができたらいいなぁと必死に知恵を絞っています。
[PR]

by takibi-library | 2006-11-03 11:57 | 図書室たき火 実践編 | Comments(0)  

<< 「信長の棺」:早く読まねば! 「人形クリニック(ある生涯の七... >>