半ON生活

今日は人生初の土曜日出社です。

正社員時代、土日・祝日に出社したことはありませんでした。そこまでは忙しくなく、日々の残業でどうにかなっていました。
しかし、今週は火曜日に休んでいるので、週休2日ではあります。体調面でつらいことはまったくないのですが、明らかに本を読む時間が少なくなるので、週休3日の確保が急がれます。

火曜日に休んで、土曜日出社して、日曜日休んで、月曜日出社して、また火曜日は休み、次の週末は土日休み・・・不思議なリズムです。おまけに、火曜日はいつもどおりの時間(5:45)に起きたので、曜日感覚がなくなりつつあります。今、外で空き瓶を回収する音(けっこう容赦なくがしゃんがしゃんやるのです)が聞こえてきて、「あぁ、土曜日だ」と思うのですが、あと1時間ほどでアルバイトに出かけます。

金土日休みのときは、平日4日と休みの3日できっちりとON/OFFがあったのですが、たった1週間程度で、アルバイト=ONでもなくなってきています。家で作業をすること(読書、ちょっぴりの原稿、ブックピックのこと)と、アルバイトの気持ちの上での境界が薄くなって、生活全体が均されていくような感じです。

これは休みのリズムだけが理由ではない気がします。
社会とつながるための仕事としては、アルバイトと本のことはどちらがより重いということはありません。でもこれまで、お金をもらっているという理由でアルバイトのほうをより重く見ていて、今になってふたつを載せた天秤がだんだんつりあってきているのだと思います。

もともとこつこつやるほうなので、本のこととアルバイトのこと、ふだんはどちらにも半ONくらいで、100%OFFにするときはアルバイトのほうを減らすような感じでやっていきたいです。
[PR]

by takibi-library | 2008-04-12 08:54 | くらし | Comments(0)  

<< 「華の碑文」:昼休みに没頭! のんびり >>