人気ブログランキング |

ロック!

b0069175_7562120.jpg

観てきました「五右衛門ロック」!おもしろかったー。
歌あり、踊りあり、立ち回りあり、笑いあり、人情あり、観終わった後のカタルシス大あり。

時代考証なしの時代劇に、冒険とルパン三世(笑)が加わると、無敵のファンタジーになるんだ!と圧倒されました。この「圧倒される感じ」に、カタルシスの源があるように思えます。なんかとてつもないものに出会ってしまって「うわーっ」っとなった瞬間、思考が止まるわけですが、そこで無駄にあがかないで、やぶれかぶれでついて行っちゃったその先に、爽快感があるんじゃないかと。
「明日からもまたかんばるぜ!」って気分になるね、などと家人に語ったのに、昨晩は公演パンフレットを夜中に読み込んで、今朝はしっかり寝不足です(笑)。

それにしても、今回はなんといっても森山未來君ですね。
もともとダンスの人らしいのですが、今、あの演技力でアレだけ踊れる役者さんはいないと思います。
振り付けがあると思うのですが、なんか、当たり前に身体が動いているように見えて、宮崎アニメと同じように、観ている側のの身体まで軽く感じられるのです。あんなふうに動くことはありえないのですが、誰もがこんなふうに動けるんじゃないかと錯覚してしまいます(こう思うのって私だけかもしれませんが)。

ところで、新宿コマ劇場は今年いっぱいで閉館ですが、その“コマ”もちゃんと拝める演出になっていました。
どの席からも舞台が観やすそうな劇場ですが、さすがにいかんせん古いですね。でも、あの装置は魅力的。どこかに残るといいなぁと思いました。

by takibi-library | 2008-07-23 07:56 | 鑑賞  

<< 「避暑地の猫」読了 「避暑地の猫」:こんな話だったか。 >>