2018年 02月 04日 ( 1 )

 

2017年7~12月のまとめ

読書体験の棚卸のような仕事の影響か、趣味の読書が進まなかった。
そして、何となくブログを書く気になれなかった。そんな2017年の後半。

◆生活全般

7月
D坂文庫フェア@往来堂書店
グルテンフリー生活スタート
都議選、都民ファースト躍進
暑い日が続く
フェデラーがウィンブルドンで優勝
ブルーハーツのアナログ盤購入
夏風邪をひく
007の新作が2018年11月8日に全米公開と発表
夏休み子ども科学電話相談(~8月)

8月
PC買い替え(マザーボードがダメになったため)
「キングスマン」第2作が2018年1月5日に日本公開と発表
ダニエル・クレイグ、JB続投
妙に涼しい(下旬)

9月
カッシーニのグランドフィナーレ
Book! Book! Okitama
衆議院解散

10月
Never mind the books(札幌のブックイベント)
歯の詰め物が欠ける
TABF(10/5-8)
「BANANA FISH」アニメ化と発表
4DXを体験
衆議院議員選挙、立憲民主党の出現と希望の党の失速
健康診断
Toranomon Book Paradise(10/28-29)

11月
マッカチンぬいぐるみ、発売発表
旧機を解体してハードディスクからデータを取り出す
酉の市
軽井沢旅行(11/30-12/1)

12月
11月から引き続き「世界一のクリスマスツリー」問題
排水管清掃
館林→東大宮
冬休み子ども電話相談
人生初の大みそか出勤
エレカシ紅白出場

◆読んだ本

長嶋有 『もう生まれたくない』
オノ・ナツメ 『レディ&オールドマン』3巻
ウィングフィールド 『フロスト始末』上・下
ジャンニ・ロダーリ 『パパの電話を待ちながら』
よしながふみ 『きのう何食べた?』13巻
江戸川乱歩 『明智小五郎事件簿Ⅱ』
堀江敏幸 『音の糸』
九鬼周造 『九鬼周造随筆集』
陳浩基/天野健太郎(訳) 『13・67』
上杉隆 『オプエド』
有栖川有栖 『長い廊下がある家』
綾辻行人 『十角館の殺人』
大塚せつ子 『米粉のパン、麵、おやつ』、『白神こだま酵母のお米パン』
高橋ヒロ 『作業時間10分米粉100%のパンとレシピ』
多森サクミ 『フライパンでできる米粉のパンとおやつ』
オノ・ナツメ 『レディ&オールドマン』4巻、『ハヴ・ア・グレイト・サンデー』1巻

長嶋有さんの作品はもはや鉄板。今回もすばらしかった。自分はこういう話が読みたかったのだなと先回りされたようなふしぎな感覚がする。『フロスト~』はシリーズ最終作がついに来た。ほんのりとしたハッピーエンドがちょうどいい。D坂文庫で買った『パパの電話~』、父から娘へ聞かせるための気の利いたお話が集められた本。大人が読んでも、ほっと一息つける。
『何食べ』と『レディ~』、ずっと単行本を買っているまんがは、続きが出るとうれしい。『ハヴ・ア~』もこれからそういう存在になることが確定。
『音の糸』は、内容はもちろん、装丁がよかった。ちょっと「えっ?」となるパステルピンクのしおりひもが効いている。九鬼周造もD坂文庫で購入。読みやすく著者への親近感がわいた。
『13・67』は初めての華文ミステリ。最高だった。天眼と呼ばれる刑事クワンの半生を描いた連作短編集。病床にある最晩年からさかのぼって描かれる構成も、わたしには物珍しく、「ここからつながっていたのか!」と気づかされるたびにわくわくした。
『オプエド』は職場の人から借りて読んだ。内容はおもしろかったけど、ジャーナリストの本で校正もれが、ざっと読んで3つあるのはどうかと思う。
秋に、しばらくまとまった読書ができなかった時期があり、そのあとのリハビリとして12月半ばからミステリを。火村とアリスの『長い廊下~』も、一度読んだことのある『十角館~』も、いいリズムで読めて感覚が戻ってきた。
初夏のころから、グルテンフリーの食生活を続けていて、秋に(オーブンが使える気温に)なってから米粉を使うレシピ本をいろいろ試した。お菓子類はおおむね小麦粉と同じように使えるものの、問題はパン。今のところ大塚せつ子さんのレシピがいちばんしっくりくる。けれどもまだ満足ではない。

もう生まれたくない

長嶋 有/講談社

undefined

レディ&オールドマン 3 (ヤングジャンプコミックス)

オノ・ナツメ/集英社

undefined

フロスト始末〈上〉 (創元推理文庫)

R・D・ウィングフィールド/東京創元社

undefined

フロスト始末〈下〉 (創元推理文庫)

R・D・ウィングフィールド/東京創元社

undefined

パパの電話を待ちながら (講談社文庫)

ジャンニ・ロダーリ/講談社

undefined

きのう何食べた?(13) (モーニング KC)

よしなが ふみ/講談社

undefined

明智小五郎事件簿 2 「一寸法師」「何者」 (集英社文庫)

江戸川 乱歩/集英社

undefined

音の糸

堀江 敏幸/小学館

undefined

九鬼周造随筆集 (岩波文庫)

菅野 昭正(編集)/岩波書店

undefined

13・67

陳 浩基/文藝春秋

undefined

オプエド 真実を知るための異論・反論・逆説

上杉 隆,+NOBORDER取材班/KADOKAWA

undefined

長い廊下がある家 (光文社文庫)

有栖川 有栖/光文社

undefined

十角館の殺人 <新装改訂版> (講談社文庫)

綾辻 行人/講談社

undefined

米粉のパン、麺、おやつ

大塚せつ子/パルコ

undefined

白神こだま酵母のお米パン―ノングルテンでふんわりやわらか

大塚 せつ子/農山漁村文化協会

undefined

フライパンでできる 米粉のパンとおやつ 小麦粉なしでも本当においしい (立東舎 料理の本棚)

多森 サクミ/リットーミュージック

undefined

レディ&オールドマン 4 (ヤングジャンプコミックス)

オノ・ナツメ/集英社

undefined

ハヴ・ア・グレイト・サンデー(1) (モーニング KC)

オノ・ナツメ/講談社

undefined


◆その他のインプット
7月
演劇 「イヌの仇討」
展示 「佐藤ジュンコ個展」
演劇 「怒りをこめてふり返れ」
演劇 「ハイバイ、もよおす」

8月
演劇 「旗を高く掲げよ」
演劇 「プレイヤー」
歌舞伎 「八月納涼歌舞伎」第2部
展覧会 「bionic by sputniko!」
展覧会 「ユーリ!!! on MUSEUM」
演劇 「鎌塚氏、腹におさめる」
展覧会 「乙嫁語り原画展」

9月
映画 「ベイビードライバー」
演劇 「円生と志ん生」
演劇 「謎の変奏曲」
映画 「パターソン」

10月
演劇 「関数ドミノ」
映画 「ユーリ!!! on ICE 4DX」
朗読劇 「SISTER」
演劇 「オーランドー」
演劇 「散歩する侵略者」

11月
演劇 「作者を探す六人の登場人物」
映画 「アトミック・ブロンド」
演劇 「きらめく星座」
歌舞伎 「ワンピース」
演劇 「ちょっと、まってください」
映画 「ノクターナル・アニマルズ」

12月
演劇 「誰か席に着いて」
展覧会 「鹿島茂コレクション フランス絵本の世界展」
演劇 「斜交」
演劇 「熱狂」/「あの記憶の記録」
映画 「オリエント急行殺人事件」

[PR]

by takibi-library | 2018-02-04 19:12 | いつも読書 | Comments(0)