<   2018年 06月 ( 1 )   > この月の画像一覧

 

2018年5月のまとめ

世間では「おっさんずラブ」ブームだけど、わたしは「コンフィデンスマンJP」がいちばん楽しみにしているドラマ、という5月。

◆生活全般

やたら寒かったり、暑かったり
文学フリマとデザフェスを見に行った
ノーベル文学賞発表見送り(アカデミー会員の夫による性的暴行疑惑等)
『大どろぼうホッツェンプロッツと月ロケット」シリーズの未発表原稿発見→7月にドイツで出版
かこさとしさん逝去
メドベデワ選手がオーサーコーチのもとへ
イニエスタがヴィッセル神戸へ

◆読んだ本

あずまきよひこ 『よつばと!14』
福田里香 『新しいサラダ』
イアン・マキューアン 『アムステルダム』
有栖川有栖 『乱鴉の島』
芳崎せいむ 『鞄図書館 4』

『赤ちゃん~』はウェブ連載の書籍化。手元にあるとつい読んじゃう。わたしには紙の本がいちばんアクセスしやすいデバイス。『よつばと!』は大すきなまんが。こういった雰囲気の絵にはちょっと苦手意識があったけれど、風景がよく書き込まれていてきれいなところがとっつきやすさになっている。
『新しい~』はレシピ本。とにかくビジュアルがよい。まだひとつも作ってはいないけれど、それでも買ってよかったと思える強さがある。
『アムステルダム』、おもしろかった! 大の男たちの滑稽さ、悲しさに、ちょっとスカッとした気分になってしまうのはなぜか。『乱鴉の島』は作家アリスシリーズの1作。わたしはプロットがどうとかはよくわからないので、ぐいぐい読ませてくれれば満足。その点、火村センセとアリスセンセには不安がまるでないのでありがたい。
『鞄図書館』は忘れたころに新刊が出るのがいい。そして、これを読むと読みたい本が増える……いいのか悪いのか。

赤ちゃん本部長(1) (ワイドKC モーニング)

竹内 佐千子/講談社

undefined

よつばと!(14) (電撃コミックス)

あずま きよひこ/KADOKAWA

undefined

新しいサラダ

福田 里香/KADOKAWA

undefined

アムステルダム (新潮文庫)

イアン・マキューアン/新潮社

undefined

乱鴉の島 (新潮文庫)

有栖川 有栖/新潮社

undefined


◆その他のインプット

演劇 「1984」@新国立劇場
映画 「君の名前で僕を呼んで」
演劇 イキウメ「図書館的人生 vol.4」
演劇 「ハングマン」@世田谷パブリックシアター
演劇 「ヘンリー五世」@新国立劇場
映画 「犬ヶ島」
演劇 「市ヶ尾の坂」




[PR]

by takibi-library | 2018-06-14 17:07 | いつも読書 | Comments(0)