人気ブログランキング |

<   2018年 11月 ( 1 )   > この月の画像一覧

 

2018年9月・10月のまとめ

10月はブックイベントの季節、ということで2カ月まとめてアップ。

◆生活全般

北海道胆振東部地震(9/6)
三越英国展を楽しむ
「いちじく+ブルーチーズ+はちみつ」ブーム
樹木希林さん逝去
007の25作目の監督にCary Joji Fukunagaさん
新潮社「新潮45」の休刊を発表(9/25)
はじめて吉野家の牛丼をお店、築地の1号店で食べた
JR、首都圏ではじめての計画運休(9/30)
エアコン買替検討→入替工事
防火点検
早めにハウスクリーニング
築地市場営業終了(10/6)、豊洲へ
東北ブックイベントツアー(Book! Book! OkitamaとAIZU、帰りに?仙台へ寄り道)
Toranomon Book Paradise
誠品書店(台湾)、日本進出を発表


◆読んだ本

高木彬光 『神津恭介、犯罪の陰に女あり』
有栖川有栖 『怪しい店』
エラリー・クイーン 『ローマ帽子の謎』、『エラリー・クイーンの冒険』
池澤夏樹、芝田満之 『カイマナヒラの家』
安藤祐介 『本のエンドロール』
福田里香、雲田はるこ 『R先生のおやつ』

『神津恭介~』は(わたしにとって)新しい探偵探し。時代背景の細かいところが具体的すぎてわからないこともあるけれど、それが興味深い。そして、誰のためか知らないが探偵がハンサム設定(笑)。もう何作か読みたくなった。『怪しい店』は事件に「店」がからむ作品ばかりの火村先生とアリス先生のシリーズ。安定の楽しさ。
クイーンは子ども向けのリライト以来全く読んでいないので、新訳でちゃんと読むことにした。新訳だけど、あえて昔風にしているところもあって、ぼんやりとした表現の食べもの(「クリームのかかった菓子パン」など)に興味津々となる。
『カイマナヒラ~』は、虎ノ門のイベントでお隣になった方から購入。美しい写真と連作短編で校正された文庫本。小説は淡々としたなかにはっとするようなひとことや場面があらわれるところがよかった。『本のエンドロール』は某社のダイレクトメールでおすすめとして紹介されていたもの。ものとしての「本」を作る世界の話。お仕事小説として興味深いものの、主人公が大嫌いなタイプかつ仕事ができない(そしてそれを棚に上げる)のでむかむかしながら読んだ。そんな主人公の本質を見抜く登場人物がいたのが救い。
『R先生~』は、書籍化を待っていた作品。美しいカラーのまんがも福田さんのレシピも手元に置くよろこびにあふれている。

神津恭介、犯罪の蔭に女あり: 神津恭介傑作セレクション2 (光文社文庫)

高木 彬光/光文社

undefined

怪しい店 (角川文庫)

有栖川 有栖/KADOKAWA

undefined

ローマ帽子の謎【新訳版】 (創元推理文庫)

エラリー・クイーン/東京創元社

undefined

エラリー・クイーンの冒険【新訳版】 (創元推理文庫)

エラリー・クイーン/東京創元社

undefined

カイマナヒラの家 (集英社文庫)

池沢 夏樹,芝田 満之/集英社

undefined

本のエンドロール

安藤 祐介/講談社

undefined

R先生のおやつ

雲田はるこ,福田里香/文藝春秋

undefined




◆その他のインプット

TVドラマ 「雲霧仁左衛門4」
演劇 NODA-MAP「桜の森の満開の下」
演劇 こまつ座「マンザナ、わが町」
演劇 「チルドレン」@世田谷パブリックシアター
映画 「オーシャンズ8」
演劇 劇団チョコレートケーキ「ドキュメンタリー」
音楽 カニサレス・フラメンコ・クインテット 来日公演2018
演劇 「華氏451度」@KAAT
演劇 「ゲゲゲの先生へ」@東京芸術劇場
映画 「バーフバリ 伝説誕生」、「バーフバリ 王の凱旋」
演劇 「誤解」新国立劇場」

by takibi-library | 2018-11-18 18:50 | いつも読書